玄関は住まいの顔です。お客様をいつも気持ちよく迎えることができて、家族が帰宅しても気分よくいられるように、きれいに片づけられた場所にしたいものです。

でも、靴やスリッパ、傘や子供の外遊びのおもちゃなど、玄関に置いておきたいものはたくさんありますよね。整理整頓を心がけているつもりでも、いつの間にか散らかってしまうことも多い場所です。

そこで今回は、整理整頓のために知っておきたい玄関収納のコツをまとめてみました。ぜひ参考にして、住まいの顔をスッキリ整頓してみてください。

  • 玄関収納は事前のプランニングが大切
  • アイテム別の玄関収納術
  • ライオンズマンションの玄関収納の工夫

さて、片づけを始める前に収納のプランニングをしてみましょう。

玄関収納はまずプランニングから

マンションでは、玄関の収納スペースを簡単に増やすことができませんよね。このような限られたスペースを有効に使って収納するには、何をどのように収納するのか事前にプランニングすることがとても大事です。ここでは収納する前にやっておくことをご紹介します。

収納するものの量とサイズを把握しましょう

最初に、収納するものの量とサイズをしっかりと把握しましょう。靴が何足あるのか、そのうち大人の靴は何足で子供用は何足なのかをまとめて一覧にしておきます。

そのとき、面倒かもしれませんが玄関に収納している全部のものを出して並べてみることをおすすめします。もう使わない靴や傘などが見つかることもあるはずです。そういうものは処分しましょう。この時点で全体の量が少しでも減るのはうれしいですね。

何を収納するのか柔軟に考えよう

たっぷりとしたスペースを望めない玄関の収納では、柔軟に考えることが必要です。もしスペースに余裕がないと感じたならば、すべての靴を玄関の靴箱に入れなくてもいいのです。季節や使用頻度などを考えて、そのときに必要なものだけを玄関に収納して、あとは納戸やクローゼットにしまいましょう。もちろんこれは靴に限ったことではありません。玄関に置くものについて「今必要かどうか」をしっかりチェックしてみてください。

スペースを増やす工夫をしましょう

収納スペースを増やすためにいろいろと工夫をしてみましょう。具体的な方法は後ほどアイテム別に紹介しますが、靴箱の可動棚を動かしたり、突っ張り棒を利用したり、工夫すれば収納スペースを増やすことができます。

思い切って処分するのも収納のコツです

すぐに使わないものは納戸などに収納するのもおすすめですが、それだけでは家全体のものの量は変わりません。それが本当に必要なものか改めて考えてみることも大切だと思います。ずっと使っていないもの、傷んでしまったものは思い切って捨ててもいいのではないでしょうか。

さらに、アイテム別の収納アイディアをご紹介します。

アイテム別の玄関収納術

思っている以上にたくさんのものがある玄関。アイテムごとに収納を工夫することで、整理整頓してみましょう。

外出時に必要なもの

靴・ブーツ

棚が可動式になっている靴箱(シューズクローゼット)では、入れる靴の大きさや種類に応じて、棚の高さを調節しましょう。ムダな空間ができないようにいろいろと試してみてください。

もしも棚板が固定式だったり、高さが合わなくてムダなスペースができたりしてしまう場合は、突っ張り棒を使うのが効果的です。靴箱の手前と奥に2本取り付ければ、上下に二分割することができます。軽めの靴なら十分に載せられるので収納量が倍になります。棚の高さを二分できるコの字ラックやキッチンなどで使われる吊り下げ式のラックも同じような効果が期待できます。クリアケースを重ねて置いてみるのもいいですね。

傘立ては結構場所を取るものです。アイディア次第で傘立てを使わずに傘を収納することもできます。靴箱の扉裏にタオルハンガーを取り付ければ、靴箱の中にすっきりと傘を掛けておくことができます。また、マンションの玄関ドアは磁石が使えることが多いので、マグネットタイプの傘立てを取り付けることができますね。

カギ

カギは置くよりも吊るす収納がおすすめです。マグネット式のキーフックなどを利用して壁面に吊るせば、カギが迷子になることも少なくなりますよ。

コート・帽子・バッグ

コート類を玄関に掛けておけば外出もスムーズです。花粉が室内に入ってしまうことも少なくなります。ネジやクギを使わずに壁に取り付けられるコートハンガーもあるので利用してみてください。コートだけでなく帽子、バッグなどを掛けるのもいいですね。スペースに余裕があるのならポール式のコートハンガーを置く方法もあります。

子供のおもちゃ

外で遊んだ子供のおもちゃは、室内に持ち込まず玄関に収納しましょう。子供用のビニールバッグなどにボール、砂場セットなど種類別に分けて壁面のフックなどに吊るしておけば遊びに行く時にも便利です。靴箱の上などにものを置けるスペースがあるなら、ワイヤータイプのバスケットなどに小分けにして入れておくのもおすすめです。

ベビーカー

ベビーカーの置き場所は悩みのタネですね。もし、靴箱に余裕があるのなら、下の棚板をはずして入るかどうか試してみましょう。
靴箱に収まらない場合は、ベビーカーがピッタリ収まる浅めの箱を用意して、玄関まわりで邪魔にならない場所に置いてみてはいかがでしょうか。少し場所はとってしまいますが、箱に入れることでスッキリした印象になります。

ペットの散歩グッズ

ペットのお散歩のためのグッズも吊るす収納がいいと思います。ここでもネジやクギを使わずに壁に取り付けられるフックが活躍します。お散歩バッグにまとめて入れてそのまま掛けておけば散歩にもすぐに出かけられますよ。

来客時等に使うもの

印鑑・筆記用具

印鑑や筆記用具入れにフタのないカゴやトレイを使うと、ついよけいなものも入れてしまいがちです。かえって整理できなくなることもあるのでフタ付きの小さなケースを利用しましょう。

スリッパ

スリッパを入れるラックはスリムで場所を取らない縦型がおすすめです。目立たず場所を取らないようにするには、靴箱の扉裏にタオルハンガーをいくつか取り付けて、そこにスリッパを差し込むアイディアはいかがでしょうか。

その他

玄関用のほうきはチリトリとのセットでそのまま立てて置いておけるものが省スペースで便利です。

最後に住まいの顔にこだわった
ライオンズマンションの玄関収納をご紹介します。

ライオンズマンションの玄関収納の工夫

ライオンズマンションには、より住み心地のよいマンションづくりのために、大勢のお客様と意見を交わし商品開発を行う活動として「ライオンズ リビングラボ」があります。

その「ライオンズリビングラボ」から生まれた玄関収納が「美しく、便利にしまう」をテーマにした「マルチエントクローク」です。収納量と収納効率を重視し、オリジナル傘掛け、5連小物フックなど使う側に立ったうれしい工夫がたくさんあります。

住まいの「顔」を美しくする玄関収納

詳しくはこちらをご覧ください。
マルチエントローク

スッキリと整理整頓されている玄関は、お客様はもちろんですが、家族にとっても気持ちのいいものです。今回の記事を通してそんな玄関を手に入れることができたらいいですね!

最後に、収納の基本は「置いてあった場所に必ず戻す」です。せっかく玄関が整理されても、この基本が守られなければ美しさは保たれません。家族みんなのルールにして、ずっときれいな玄関で暮らしましょう。