賃貸経営の代表的なリスクには、次のようなものがあります。

  • 家賃が不払いになる
  • 賃借人が見つからない
  • 想定していなかった修繕費用の発生

賃貸運営を代行する多くの不動産会社は、家賃が不払いになっても不動産会社が賃料を立て替える「家賃保証」というシステムを持っています。

これは、家賃の集金業務などを代行するだけでなく、賃借人の家賃の不払いリスクを保証してくれるもので、安定した家賃収入を継続的に得たいという方におすすめのシステムです。
ただし、「運営・管理業務の代行のみ」のサービスを委託する場合と比較すると、手数料がやや高めになります。

また、この他にも、賃借人が見つからずに賃料収入が入らない空室リスクへの対応も考える必要もあります。
このような場合は、「空室保証」「借り上げシステム」などとよばれる、空室期間中も賃貸運営会社が賃料を支払ってくれるサービスを検討してみるとよいでしょう。

大京グループでは、空室リスクに対応するため、賃貸借契約期間中に賃料不払いが発生した場合に、その全期間の賃料立て替えも含めて賃貸運営を行うサービスを、賃料等の8.64%(税込)の料金で行っています。

大京グループの「株式会社大京穴吹不動産」