グッドデザイン賞受賞

2019年/分譲集合住宅

ライオンズ東京三ノ輪ミレス

ライオンズ東京三ノ輪ミレス 外観

ライオンズ東京三ノ輪ミレス 外観

ライオンズ東京三ノ輪ミレス 玄関

ライオンズ東京三ノ輪ミレス 玄関

ライオンズ東京三ノ輪ミレス 外観

ライオンズ東京三ノ輪ミレス 外観

ライオンズ東京三ノ輪ミレス 外観

ライオンズ東京三ノ輪ミレス 外観

ライオンズ東京三ノ輪ミレス 外観

ライオンズ東京三ノ輪ミレス 外観

コンセプト

東京浅草の北にある三ノ輪地域に位置する単身者・小世帯向けのマンションです。緑が少なく無機質な雰囲気の地域にあるが、日本の伝統家屋を象徴する木調格子や現代的なガラスの大開口、足元の壁面緑化の構成により、街角に、歴史的表現による地域の印象を一変させる新しい風景と、下町風情の中で暮らす心地よさを合わせ持った住まいを提案しました。

主な特徴

  • 建物全体を木目縦格子で包み込む、江戸から現代に至る歴史の中で育まれたハイブリッドなデザイン構成
  • 交差点に向けた大きな窓により街に生活の賑わいを創出、沿道の壁面緑化により潤いのある街角の風景を形成
  • 多様化する住まい方や生活嗜好、家族構成の変化に対し容易に対応できる可変性をもつ間取りを提案

企画・開発の背景

現地は下町の大通り沿いに位置しているが、従前は若干無機質な印象が感じられる場所でした。
一方で、東京オリンピックを機に江戸から続く文化資源の宝庫として、文化、環境、観光等の様々な視点から新たな可能性が注目されている、浅草・谷中・湯島といった城東エリアに近い事から、近郊に存在する簡易宿泊所が、近年外国人バックパッカーの宿泊施設として活用されるなど従来想定しえなかった視点から街の変化の兆しが見え始めている場所でもあります。
計画にあたっては地域に受け継がれる歴史的要素を木調の縦格子という形で建築に取込む事で、街角に地域の印象を一変する新たな風景を創出し、居住者はもとより地域の人々にも下町特有の風情や心地よさを感じられる住宅を提案したいと考えました。

ライオンズ東京三ノ輪ミレス 外観

受賞理由

最も評価したいのは、外観である。交差点の一角を占めるランドマーク的な場所にあって、木調の上質なルーバーをベースに、細やかでしっかりとしたファサードを作り上げている。中層以上の共同住宅は、地域の景観価値を下げかねないが、この計画は、街の質を再定義するような、高い目標意識が感じられる。

ライオンズ東京三ノ輪ミレス 外観ほか

物件概要

物件名
ライオンズ東京三ノ輪ミレス
所在地
東京都台東区日本堤二丁目35番10
交通
東京メトロ日比谷線「三ノ輪」駅より徒歩6分
東京メトロ日比谷線「南千住」駅より徒歩8分
JR常磐線・つくばエクスプレス「南千住」駅より徒歩9分
近隣商業地域、商業地域、第二種中高層住居専用地域、防火地域
地域
近隣商業地域、商業地域、第二種中高層住居専用地域、防火地域
建蔽率
商業地域80%、近隣商業地域80%
容積率
商業地域600%、近隣商業地域400%
敷地面積
372.35m2(登記記録)
建築確認対象敷地面積
372.23m2(実測)
建築面積
277.49m2
建築延面積
2,382.25m2
構造・規模
鉄筋コンクリート造、地上12階建て、陸屋根、共同住宅
総戸数
62戸
着工日
2017年8月1日
竣工日
2019年2月20日
Top