札幌の紹介

札幌と北海道の概況・基本情報


札幌の歴史

開拓使※(1)設置以前の札幌地方は、松前藩とアイヌとの交易(サケ・鷹の尾羽・クマの皮などの商い)の場所でした。
そして明治2年(1869)、ロシアの急激な南下政策に応じ、明治政府は北方開発のために開拓使を設置。蝦夷という名称を北海道に改称し、11国86郡に分け、札幌は札幌郡という地名になりました。

東久世第2代開拓使長官は、開拓判官島(しま)義勇(よしたけ)らを率いて函館に着任。島は札幌本府建設の大任をもって札幌に入り、開拓の鍬(くわ)をおろしました。それまでは、札幌はわずか2人の渡守がひっそりと生活していたうっそうとした原始林の中にありました。そんな中で島は円山※(2)の丘から東方を見渡し、マチづくりの構想を練ったといわれています。

そして明治3、4年頃から北辺防備と開拓のための屯田兵制が計画され、明治6年(1873)に認可。 8年には最初の屯田兵が琴似地区※(3)に入植し、遠大な札幌建設計画に基づいて明治13年(1880)にはわが国3番目の鉄道として札幌〜小樽間が開通し、さらに産業を興し、道都・札幌の礎が築かれていきました。

昭和47年(1972)には政令指定都市制の施行を迎え、その年に冬季オリンピックも開催され、これを機に地下鉄や高層ホテルの建設が急ピッチに進められ、札幌は活気ある華やかな都市へ。今では、「住んでみたい街ランキング」では常に上位となる、人々に愛されるマチとなっています。

※(1)北方(北海道・樺太)開拓のために明治2年から明治15年まで設けられた機関。
※(2)札幌でも開拓初期に入植した土地。現在では市民憧れの閑静な住宅街。
※(3)札幌西区にある地名。現在の琴似は本通り沿いに商店街が賑やかに並んでいます。

参考資料:札幌地理サークル編「北緯43度 札幌というま ち・・・」(清水書院刊)

このページのトップへ