新築・分譲マンション「公式」ライオンズミレス新中野の不動産投資のすすめ | 中野区「中野」駅徒歩12分

不動産投資すすめ
Real Estate Investment

Image Photo

現在、不動産投資への注目が高まり、
コンパクトマンションの供給数が伸び続けており、
そのシェアはここ5年で右肩上がりに増加しております。

首都圏新築分譲マンションの
間取り別シェア推移

●(株)リクルート住まいカンパニー調べ
(調査期間:2015年1月~2020年12月)

なぜ今、マンション投資
注目されているのか? 「注目されている3つの理由」と
「不動産投資のメリット5つ」を紹介いたします。

今、不動産投資が
注目されている3つの理由

超高齢社会では年金だけでは生活できない・・・
2060年には高齢者1人に対する現役世代の人口は約1.2人

医療の発展に伴い、日本の高齢者の割合は年々高まり、超高齢社会だといわれております。今30代の方が70代になる2060年には高齢者(65歳以上)1人を支える現役世代(20歳~64歳)は約1.2人になるといわれており、高齢者が年金だけで生活できない時代がすぐそこまで迫っており、誰しもが資産運用への取り組みが必要になってくるでしょう。
出典:1980年 「国勢調査」、2020年・2060年 国立社会社会保障・人口問題研究所「将来推計人口(平成24年1月推計)の出生中位・死亡中位仮定による推計結果

超低金利時代の今、不動産投資に追い風
高額商品である不動産では1%の金利の差が大きな差となる

2016年からのマイナス金利政策の影響もあり、超低金利時代を迎えております。それにより、一般的なビジネスパーソンの副業として不動産投資を利用しやすくなりました。不動産は高額商材であるため、低金利の恩恵を受けやすく月々の返済金額にも大きく影響してきます。この超低金利時代はいつまでも続く保証はないため、今が不動産投資のチャンスといえるでしょう。
●本シミュレーションの返済額およびご希望の経過年数後の借入残額は、金利等の当初の借入条件が一定で変化しないものと仮定し、試算しております。
●本シミュレーションの計算結果は、実際のご融資をお約束するものではございません。
資金計画の目安としてご利用願います。
●金利は年金利で表示しています。

単身世帯の割合が増加し、
コンパクトマンションのニーズが高まる予想
今後も単身世帯の割合が上昇傾向であり、空室リスク低減できる

2040年には日本全体の単身者の割合が約40%まで上昇するといわれております。コンパクトマンション投資は、ファミリーマンションやマンション一棟投資に比べて必要資金が少ないため、高年収の方でなくでもはじめやすいというメリットがあります。そのコンパクトマンションのメインターゲットである単身者の割合が年々上昇傾向であることはニーズの高まり、ひいては空室リスク低減につながります。

マンション投資により
どんなメリットを得られるか
メリット5つを
ご紹介いたします。

Merit1
家賃収入が得られる

「マンションを貸す」ことは、超低金利の預貯金や不安定な株式投資と比べ、
長期的に一定の収益を計算できる手堅い資産運用として知られています。
マンション投資は、高利回りを期待できます。

※1 出典元:(公財)生命保険文化センター「2019年度生活保障に関する調査」
※2 出典元:2021年度の年金額改定(厚生労働省)

ケーススタディ 新築マンションでマンション経営を始める場合

物件価格3,490万円の新築マンション[専有面積30.01m²] を購入した場合(※3)
[頭金700万円 借入金2,790万円 概算取得費用 約120万円(※4) 月額想定賃料118,000円]

※3:[資産運用の概要]ケーススタディ:新築マンション物件価格3,490万円で賃貸経営の場合。・想定賃料は経年による変化を伴わない仮定の賃料です。・「表面利回り」とは、1年間の想定賃料収入の購入金額に対する割合です。(不動産の取得に要する諸費用や、公租公課、その他不動産を維持するための必要な費用は加味していません。)・想定賃料収入が確実に得られることを保証するものではありません。ローンの借入には一定の条件がございます。
●想定賃料は物件および住戸ごとに異なります。・上記シミュレーションは、想定表面利回り約4.7%で計算しています。・管理費、修繕積立金は経年による変化を考慮しておりません。管理組合発足時の金額です。
※4:概算取得費用は不動産の取得に要する諸費用で、ローンの借入費用、登記費用、不動産取得税、火災・地震保険料、印紙代、公租公課精算金、修繕積立基金等が含まれます。また、購入物件の価格や借入条件等により取得費用は異なる場合があります。
※5:月額賃料からローン返済額(月額)、月額管理費及び月額修繕積立金、月額公租公課を差し引いた金額です。
※6:[提携ローンのご案内]・提携金融機関/㈱クレディセゾン・融資金額/1物件につき300万円以上5,000万円以内(10万円単位)、借入金額は購入価格の100%以内・申込資格/満25歳以上70歳未満、完済時満85歳未満、日本国籍または永住許可を有する方、団体信用生命保険にご加入いただける方・融資金利/2.00%(みずほ銀行長期プライムレート1.00%(2021年11月1日現在)+1.00%~1.40%、お借り入れ時の年齢が60歳以上の場合+1.30%~1.60%、変動金利(年2回見直し型)、団体信用生命保険料含む)・実質年率2.00%~2.40%(2021年11月1日現在のみずほ銀行長期プライムレートに基づいて計算)・融資期間/1年以上35年以内(1年単位)・返済方法/元利均等返済方式≪返済例≫融資金利2.00%の場合、融資額2,790万円、融資期間35年で、毎月返済額92,422円(※端数処理の関係上、返済額に多少の差異が生じます)・火災保険料/借入期間中継続してご加入いただきます(別途負担)・事務手数料/165,000円(税込)
●条件は2021年11月1日現在のものであり、金融情勢の変化により変更が生じる場合があります。
●変動型住宅ローンの金利は年2回見直しますが返済額は当初5年間変わりません。なお、6年目以降は金利変動に伴い返済額は変わります。また、当初5年間に生じた金利変動による利息の過不足は次の5年間で調整します。ただし、返済額が増える場合でも、前の5年間の125%を限度としそれを超える分は次の5年間で調整します。 。
●お借入には金融機関による所定の審査がございます。
※7:月額の維持費には、管理費11,100円、修繕積立金5,130円、公租公課約8,333円(固定資産税・都市計画税の概算年税額約100,000円の月額按分8,333円)が含まれます。
※8:月額賃料から月額管理費及び月額修繕積立金、月額公租公課を差し引いた金額です。

Merit2
安定した資産形成

安定的に資産を形成

「マンションを貸す」ことは、超低金利の預貯金や不安定な株式投資と比べ、長期的に一定の収益を計算できる手堅い資産運用として知られています。
マンションの入居者からの家賃収入は景気の影響を受けにくい特徴があります。
また、安定的な家賃収入は、生活の支えにもなります。
マンションなら耐用年数が長いので、一定期間賃貸経営で収益を得たのちに売却するという選択もあります。
マンション資産運用は、将来のライフプランを実現する一助になる資産運用と言えるでしょう。

●上記概念図は想定の例示であり、実際の市況とは異なる場合があります。

●レバレッジ効果内の数値は、条件により異なります。
※1:価格3,490万円のマンションを購入し、月額想定賃料118,000円で運用した場合の採算です。
※2:大手都市銀行(2021年11月1日現在)
※3:大手都市銀行、300万円未満10年満期(2021年11月1日現在)
※4:大手都市銀行、1000万円以上10年満期(2021年11月1日現在)
※5:個人向け国債、変動金利タイプ<償還期間10年>
※6:大手都市銀行、豪ドル建て定期預金1年タイプ(2021年8月1日現在)

Merit3
インフレ時に
価値が下がりにくい

備えと生活の支えにもなる

マンション等の不動産は、インフレの際に価格の下がりにくい資産と言われています。
預金などの金融資産が物価の上昇で実質的な価値が低下する場合、価格上昇で価値を維持しやすいからです。
マンション資産運用は、将来のライフプランを実現する一助になる資産運用と言えるでしょう。

●上記概念図は想定の例示であり、実際の市況とは異なる場合があります。

Merit4
生命保険としての
役割も

資用マンションが万が一の時の生命保険代わりになります。

マンション経営は、中長期の運用になります。
ローンを利用してマンションを購入した場合、万が一に備えて「団体 信用生命保険」に加入することができます。
万が一の際には、ローンを返済する必要がなくなり、マンションが資産として残ります。
また、残されたご家族の生活を保証することができます。
相続したマンションの売却によって、まとまったお金を得ることもできます。

Merit5
節税対策になる

所得税・住民税などの賃貸経営で
赤字が出た場合、節税が可能です。

マンション投資を行うことにより、確定申告にて所得税の還付や、住民税の減税などの節税対策を行うことができます。
また、給与所得のある会社員の方が、マンションを貸して赤字が生じてしまった場合、給与所得から不動産所得の赤字を相殺できる「損益通算」という仕組みを活用して所得税・住民税を軽減することができます。

不動産の生前贈与により、
相続税をより安く

現預金や株式、債券などの相続税評価は時価(100%)で評価されますが、建物の固定資産税評価額は建築価額の約50%~70%になるとみられているため、相続税が安くなります。
贈与税の生前贈与の非課税枠が拡大したため、以前よりも多額の生前贈与を行うことができるようになりました。

●所得税・住民税の金額はご主人35歳、妻30歳、子10歳、健康保険・厚生年金・雇用保険加入、年収1,000万円での簡易計算です。
●詳しくは当社の担当営業までお尋ねください。
●所得額・損失額等により内容は変動します。
●適用を受けるためには、一定の条件を満たす必要があります。
●不動産所得の赤字部分には、建物にかかるローン金利、減価償却費、固定資産税等が含まれます。
●評価額は条件により異なります。
●表示内容は2021年4月1日現在の法令に基づいています。

掲載の絵図・写真・間取り図などの無断転載を禁じます。

お問い合わせは 「ライオンズミレス新中野」現地販売センター

0120-323522

  • ■営業時間:10:00AM~6:30PM
  • ■定休日:火・水・第2木曜日(祝日を除く)
携帯電話からもご利用いただけます。一部IP電話からはご利用になれません。
ご利用になれないお客さまは [03-5328-6805] へご連絡ください。