新築・分譲マンション「公式」ライオンズ一宮マークスフォートのロケーション | 一宮市「尾張一宮」駅徒歩8分

Cultural & Lead

一宮のときを織る

image
image
image
image

2600年余の時を超える※1一宮文化の原点・真清田神社、
時代を先駆け、未来へと華やぐ尾張一宮駅東口界隈。
ふたつの中枢が交差するこの場所は、
積層する「刻」が織りなす、
さまざまな豊かさに満ちあふれています。 ※1.真清田神社ホームページより抜粋。

map
周辺概念図
※概念図については、実際のものとは多少異なります。※掲載の地図は略図のため、省略されている道路等があります。※本地図に記載のある一部の施設を取り上げて、紹介しております。
真清田神社(300m/徒歩4分) 真清田神社(一宮文化の原点) 尾張国一之宮「真清田神社」を望む地に誕生。
真清田神社(300m/徒歩4分)

尾張の
はじまりの地であり、
一宮の揺るぎない象徴
「真清田神社」。

真清田神社(300m/徒歩4分)
真清田神社(300m/徒歩4分)

真清田の杜を望む。
それは、二千六百年の刻を超える
尾張の曙を望むということ。

尾張國一之宮「真清田神社」。
清く澄んだ木曽川の流れを名に冠する神社の由緒は深く、
二千六百年余の歴史をここに刻んでいます。
尾張開拓の祖である天火明命が坐すことから、尾張のはじまりは一宮のはじまりと称され、
平安時代には国司が一番初めに参拝する社格の高い神社
「一の宮」として鎮座しています。
一宮を市名とするのは日本唯一であり、御神宝である五鈴鏡が市章に象られるなど、
永く人々に敬われてきた証と言えるでしょう。
真清田の深き杜を望む邸の登場。
それは尾張の曙を悠々と見張らす、誇らかな日々のはじまりです。

真清田神社(300m/徒歩4分)
真清田神社(300m/徒歩4分)
真清田神社(300m/徒歩4分)
真清田神社(300m/徒歩4分)
真清田神社(300m/徒歩4分)
真清田神社(300m/徒歩4分)

古来、界隈を潤す、
杜の景。

真清田神社(300m/徒歩4分)
真清田神社(300m/徒歩4分)

街を染める緑量。
それは、真清田の杜に息づく、
「青桃丘」の記憶。  せいとうきゅう

往来、真清田神社の周囲は「松降荘青桃丘」の名で親しまれ、
桃の木が群生し神社の近くを木曽川の支流が流れていました。
こと真清田の杜は竜神の森とも呼ばれるほど水に縁が深く、
この豊かな水脈が社叢を立派に育み、
歴史的な象徴であると同時に、緑の象徴として存在してきました。
大切に護り育まれてきた緑豊かな真清田の杜に呼応するように、
周辺には屋敷林を備えた住まいや街路樹がつらなるなど、
緑織りなす静かな住宅街が形成されています。

真清田神社(300m/徒歩4分)
真清田神社(300m/徒歩4分)

目と鼻の先で、
祭りやイベントを
愉しめるのも、
一宮文化の原点が
此処にあるから。

一宮七夕まつり(2018年7月撮影)
真清田神社(300m/徒歩4分)・一宮七夕まつり(2018年7月撮影)

盛大にして、艶やか。
一宮文化の礎を築いた
真清田の祭事。

真清田神社には、御祭神・天火明命の母であり
織物の神・万幡豊秋津師比売命が祭られています。
古来日本で機織りは女性の神聖な仕事だったと伝えられており、
平安時代より錦綾を生産し繊維の町として発達した一宮が、
織姫にちなんだ七夕まつりを盛大に催すのは神への感謝から。
日本三大七夕祭り※2に数えられる「一宮七夕まつり」は、毎年約130万人が訪れ、
艶やかに装った真清田神社や街を愉しみます。
街が薄紅に染まる春には絵巻のような行列や華やかな桃花祭、中世から続く舞楽・神楽が行われる舞楽神事など数々の祭事が、千数百年の時を超え、綿々とこの地で受け継がれています。 ※2.「観光と歴史」より抜粋 (発行:平成28年4月、編集:一宮市経済部 経済振興課)。

一宮七夕まつり(2018年7月撮影)
「尾張一宮」駅 (640m/徒歩8分)・一宮七夕まつり(2018年7月撮影)

一宮のSenseと誇り。
世界が支持する
尾州ブランドの発信拠点
「リテイル」もお散歩圏。

リテイル(880m/徒歩11分)
リテイル(880m/徒歩11分)
リテイル(880m/徒歩11分)
リテイル(880m/徒歩11分)
リテイル(880m/徒歩11分)
リテイル(880m/徒歩11分)※イベント時参考写真

一宮の近代化産業遺産「旧・尾西繊維協会ビル」が、世界ブランドが支持する"尾州ブランド"の発信拠点「Re-TAiL(リテイル)」として再スタート。多くのアパレルやクリエーター達が足を運んでいます。

1933年に繊維組合事務所として建設され、築80余年。産業の隆盛を見つめてきた近代化産業遺産「旧・尾西繊維協会ビル」が、クラシカルな美しさを活かし、2016年に「Re-TAiL(リテイル)」として再スタート。糸や繊維、ファッション、デザインに関する創造的なアトリエやショップが入居するほか、展示や撮影などに利用できるスペースも。新しい歴史を刻み始めます。

尾張一宮駅前ビル(640m/徒歩8分)

華やぎの中心・
尾張一宮駅へ
徒歩8分。

官民一体の諸施設が集約する
iビルや駅周辺の賑わいが、歩ける距離に。

尾張一宮駅前ビル(640m/徒歩8分)

商業地域は市内でも
わずか5.4%。

徒歩圏に、この利便を
享受するひとは限られています。

都市計画法の用途地域において、尾張一宮駅周辺は「商業その他の業務の利便を増進する地域」である「商業地域」に指定されています。
一宮市内で商業地域はわずか5.4%。つまり、商業施設や飲食店、業務施設などを徒歩圏とする便利なエリアは市内の中でも限られています。

※一宮市ホームページより

商業地域
尾張一宮駅前ビル(640m/徒歩8分)
尾張一宮駅前ビル(640m/徒歩8分)

楽しく役だつ、モダンな行政複合施設

尾張一宮駅前ビル

中核都市・一宮の新たな玄関口として誕生したばかり尾張一宮駅前ビル・通称「i-ビル」。図書館や子育てサポート、テラス自習室、SOHO施設、風が心地よいシビックテラスなど、多世代が多目的に利用できる便利な複合施設。交通の利便性やにぎわいを活かし、モーニング文化を発信するICHIMOや、冬のイルミネーションなど楽しさもいっぱいです。

成城石井 尾張一宮駅前ビル店(640m/徒歩8分)
成城石井 尾張一宮駅前ビル店
(640m/徒歩8分)

気分華やぐショップがずらり

S.C「アスティ一宮」

お料理に使ってみたい輸入食材も豊富に揃うスーパーマーケット・成城石井をはじめ、スターバックスなどのカフェやグルメ、コスメ系も豊富なドラッグストア、そして各種サロンまで。多様な視点から日常を華やかに彩るショップが揃っています。

名鉄百貨店一宮店 (640m/徒歩8分)
名鉄百貨店一宮店
(740m/徒歩10分)

デパート・クオリティも徒歩圏

名鉄百貨店一宮店

質の高いデパ地下グルメをはじめ、化粧品や和装、お歳暮やお中元の手配も徒歩圏だから気軽。また、幼児教室や英会話、子ども向け料理教室、カルチャー教室など、学びの場としても大いに活用できそうです。

真清田神社へ続く、
本町アーケード界隈。
様々な試みが始動しているエリアも至近です。

本町商店街アーケード (540m/徒歩7分)
本町商店街アーケード
(540m/徒歩7分)

リーズナブルなお店が健在

本町商店街アーケード

全国屈指の開閉式全蓋型アーケード商店街。高さ16m、総延長500m、本町二丁目、三丁目の交差点には、七夕まつりにちなみ16星座を丸く並べた半球状のドームが一宮らしさを演出。例年行われる七夕まつりのメイン会場となっており、一宮の「顔」というべき本町商店街は地域を代表する景観の一つとなっています。

  • オリナス一宮(690m/徒歩9分)
    オリナス一宮
    (690m/徒歩9分)
  • felicissimo_COOMA(930m/徒歩12分)
    felicissimo_COOMA
    (930m/徒歩12分)
  • com-cafeコムカフェ三八屋(930m/徒歩12分)
    com-cafeコムカフェ三八屋
    (930m/徒歩12分)

門前市の賑わいが蘇る
「杜の宮市」

盛大な門前市が開かれていた真清田神社の記憶と地域への想いから始まった、新しい文化のまつり。フードコートやスイーツ、ライブなどを楽しむ来場者は3万人規模。 出典:「杜の宮」、「真清田神社ホームページ」より抜粋。

「本町側、いっぽん裏」に
広がる、
グルメストリート。
今注目のスポットへも、
ぶらりと散歩圏。

  • ハワーズエンド(900m/徒歩12分)
    ハワーズエンド
    (900m/徒歩12分)
  • HANADORA ハナドラ(620m/徒歩8分)
    HANADORA ハナドラ
    (620m/徒歩8分)
  • ドイツ運(800m/徒歩10分)
    ドイツ運
    (800m/徒歩10分)
  • とりとんたん一宮本店(670m/徒歩9分)
    とりとんたん一宮本店(670m/徒歩9分)
  • イタリアンバル Little Napoli(770m/徒歩10分)
    イタリアンバル Little Napoli
    (770m/徒歩10分)
  • とりとんたん一宮本店(670m/徒歩9分)
    とりとんたん一宮本店(670m/徒歩9分)
  • イタリアンバル Little Napoli(770m/徒歩10分)
    イタリアンバル Little Napoli
    (770m/徒歩10分)

朝から
贅沢な時間を過ごす。
それが、一宮スタイル。

本町商店街アーケード (540m/徒歩7分)
image

朝8時には、
友人達と楽しい時間!

モーニング発祥の地とも言われている「一宮」。昭和30年代前半。繊維業を営む方々が、昼夜を問わず頻繁に喫茶店を訪れていたため、マスターが朝のサービスとしてコーヒーにゆで卵とピーナツを付けたのがはじまり。現在の一宮には750軒ほどの喫茶店がある「喫茶店王国」。官民一体の「一宮モーニング協議会」では、一宮モーニングNo.1決定戦「モー1(ワン)グランプリ」なども開催。早起きして、話題のカフェに足を運んでみたいものです。

  • カフェ メールネージュ(000m/徒歩0分)
    カフェメールネージュ/約4500m
  • BAGEL&CAFÉ クローチェ(000m/徒歩0分)
    クローチェ/約4200m
  • 茶楽々(さらら)(000m/徒歩0分)
    茶楽々/約4700m

さらなる未来へと
躍動する「東口」。

音羽通りの並木道を歩いて、
尾張一宮駅へ徒歩8分

航空写真(2018年10月撮影)
航空写真(2018年10月撮影) ※掲載の写真は、現地周辺の航空写真にCG処理を施したもので、実際とは多少異なります。周辺環境は将来変わる場合があります。なお、写真内の現地の位置を表現した光は、建物の規模や高さを示すものではありません。

県下2番目の
スケールとなる、
一宮の未来に
期待が高まります。

市の中枢機能を担う尾張一宮駅。その東口を中心に、建築物の容積率が、400%から600%へと大幅に緩和されました。容積率とは敷地面積に対する建築延べ面積を示すもので、駅周辺ではより大きな建物が建築可能となりました。
これにより、600%地区の面積は緩和前の約6倍となり、名古屋市に次いで県下2番目の規模となります。
その背景にあるのは、2027年のリニア中央新幹線※1の開業を控えたJR「名古屋」駅へ11分という一宮の好アクセス。駅のリニューアルなど発展を続ける一宮駅周辺の、さらなる未来に期待が高まります。
(参考資料:一宮市役所、中日新聞web/2017年9月14日)
※1:JR東海ホームページより
※新快速利用

  • 容積率600%エリア
  • 容積率緩和エリア
    (400%→600%)
尾張一宮駅周辺、容積緩和エリア図
尾張一宮駅周辺容積緩和エリア図
※掲載の写真は、現地周辺の航空写真(2018年7月撮影)にCG処理を施したもので、実際とは多少異なります。※周辺環境は将来変わる場合があります。
尾張一宮駅前ビル(640m/徒歩8分)
尾張一宮駅前ビル(640m/徒歩8分)
一宮市役所(770m/徒歩10分)
一宮市役所
(770m/徒歩10分)
オリナス一宮(690m/徒歩9分)
オリナス一宮
(690m/徒歩9分)

街路樹が美しい
ゆったりとした
アプローチ。
東口再開発の恩恵を
味わいながら、
駅まで8分。

現地より尾張一宮駅方面を撮影
現地より尾張一宮駅方面を撮影

人口約38.5万人の集積や好アクセスに裏付けられた、尾張地域の中核都市。そのあるべき姿と発展を見据え、一宮市では、10年20年先の一宮が目指すべき姿を地域ごとに展望し、実現へ導く「一宮市都市計画マスタープラン」を制定しています。
これに基づき誕生したのは、中核都市の玄関口にふさわしい佇まいとなった尾張一宮駅や東口界隈の新たな賑わいだけではありません。銀杏の街路樹に彩られる駅へのアプローチ、自転車レーンを確保した歩道空間、視界が広がる幅員約6mのゆったりとした道路。毎日歩く風景もまた、東口再開発事業(2012年11月完了)の恩恵のひとつです。
※2018年12月7日現在、一宮ホームページ調べ(一宮市の人口385,670人)

※表示内容は2018年10月の調査時点のものです。
※掲載の写真は2018年10月に撮影したものです。
※距離表示については地図上の概測距離を、徒歩分数表示については80mを1分として算出(端数切り上げ)したものです。
※表示分数は平日の日中時の標準所要時間で、時間帯により多少所要時間は異なります。※待ち時間等は含まれておりません。
※掲載の絵図・写真・間取り図などの無断転載を禁じます。

お問い合わせは 「ライオンズ一宮マークスフォート」マンションギャラリーへ

0120-138030

  • ■営業時間:10:00AM~6:00PM
  • ■定休日:火曜・水曜・第2木曜日(祝日を除く)
携帯電話・PHSからもご利用いただけます。一部IP電話からはご利用になれません。
ご利用になれないお客さまは [0586-47-5200] へご連絡ください。