新築・分譲マンション「公式」ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワーのデザイン・共用空間:LANDSCAPE | 札幌市中央区「苗穂」駅徒歩1分


外観・交流の広場完成予想図
LANDSCAPE
交流をデザインする

にぎわいの創出と地域交流の場として緑豊かに整備される3つの広場と、開放的なイメージを受け継ぐ基壇部。近隣の人々との交流を深めながら、新しいコミュニティを育んでいきます。


人々が憩い、集い、交流する
3つの広場

  • 憩いの広場
    ザ・グランアルト札幌苗穂ステーションタワーの一階部分と一体となった、多様なにぎわいを創出する広場です。
  • 集いの広場
    駅前ロータリーとの連続性を持たせながら、植栽やベンチ等を配置して、誰もがくつろぐことができる広場です。
  • 交流の広場
    自由に座って快適に過ごすことができる芝生の広場。イベント会場や一時避難所としての機能も備えています。
ピンチアウトで拡大させることができます。
外観・空中歩廊・広場完成予想図

植栽プラン

JR苗穂駅前にある約4,000㎡ものスペースは、地域と連携した憩いと交流の場。中には3つの広場が設けられ、4m以上のエゾヤマザクラ、アカエゾマツ、ライラックなど、多様で豊かな植栽によって緑化率は30%を超えています。木立の中には散策に便利な園路やベンチが設けられ、芝生が広がる「交流の広場」でのイベントも楽しめます。

植栽一覧

平賀 達也
ランドスケープ
デザイン監修
株式会社ランドスケープ・プラス
代表取締役 平賀 達也

1969年徳島県生まれ。1993年米国ウェストヴァージニア大学ランドスケープアーキテクチャー学科卒業。同年日建設計に入社。2008年にランドスケープ・プラスを設立し、現在に至る。登録ランドスケープアーキテクト。東京工業大学および東京農業大学非常勤講師。都市の中で自然とのつながりを感じられる空間づくりや仕組みづくりを実践。主な作品に「としまエコミューゼタウン(日本都市計画学会賞受賞)」、「南池袋公園(日本造園学会賞受賞)」、「二子玉川ライズ(地球環境大賞グランプリ受賞)」等がある。



植栽はすべて参考写真で、実際のものとは多少異なります。また、樹種等が変更になる場合があります。
完成予想図は図面を基に描き起こしたもので、実際とは多少異なります。
絵図中の樹木は、ある程度成長した状態の予想図です。また特定の季節や建物完成時の状態を想定して描かれたものではありません。
植栽計画の形状・色等は今後変更される場合があります。
共用部の設置家具の内容・色等は変更になる場合があります。
共用部分の使用条件・使用料等は管理規約によります。
掲載の絵図・写真などの無断転載を禁じます。

page top