新築・分譲マンション「公式」ライオンズ諫早ステーションスクエアのコンセプト | 諫早市「諫早」駅徒歩2分

衛星写真

長崎の県央、諫早の中心に。
人々の暮らしの核心に。

古来より様々な人が行き交い、多様な文化交易を生んできた諫早の地。
長崎県のほぼ中央に位置する諫早は、県内各所への中継地として機能してきました。
古くから様々な交易の中心的役割を諫早駅は果たしてきたのです。
その駅が「街」へと変貌しようとしています。諫早駅の再開発※1が、進行しています。
人々の暮らしの中心となるべく「ライオンズ諫早ステーションスクエア」は誕生します。
県内アクセスの起点である諫早駅が生まれ変わるこの瞬間、
「ライオンズ諫早ステーションスクエア」から
新たなライフスタイルが始まります。

諫早駅前に誕生する
かつてない暮らし

新幹線の開業※2に向けて、ターミナル駅の再開発事業が始動しています。
長崎県では初※3となる新幹線停車駅の一体開発プロジェクトであり
生まれ変わる諫早駅から徒歩2分(150m)の立地に「ライオンズ諫早ステーションスクエア」は誕生します。
再開発エリアに住むという価値、駅徒歩2分(150m)に住むという価値は
これまでに経験したことのない、新しい暮らしにつながっています。

※1:再開発とは、「諫早駅東地区第二種市街地再開発事業」を指します(事業主:諫早市、特定建築者:株式会社大京)。 諫早駅東地区第二種市街地再開発事業は2021年度に完成予定です。(「再開発ビルⅠ棟1工区・島原鉄道諫早駅」は2018年7月完成済み、「再開発ビルⅠ棟2工区(交流広場・店舗・事務所・ホテル・バスターミナル予定)」は2020年12月完成予定、「再開発ビルⅡ棟(ライオンズ諫早ステーションスクエア・駐車場棟)」は2021年3月完成予定、「公共交通広場」「一般交通広場」は2021年度完成予定)(出典:諫早市ホームページ/2019年3月現在)。 ※2:九州新幹線西九州ルート(長崎~博多間)は2022年度開業予定です(出典:九州旅客鉄道株式会社リリース/2016年8月現在)。 再開発事業の完成予定時期・内容等および新幹線の開業予定時期・内容等については諸事業により変更となる場合があります。 ※3:九州新幹線停車駅と一体となった市街地再開発物件は長崎県で初となります(株式会社九州産業研究所調べ/2019年3月現在)。 掲載の衛星写真は、2009年の衛星写真にCG処理を施したものです。
 距離表示については地図上の概測距離を、徒歩分数表示については80mを1分として算出(端数切り上げ)したものです。 掲載の絵図・写真・間取り図などの無断転載を禁じます。

お問い合わせは 「ライオンズ諫早ステーションスクエア」マンションギャラリー

0120-994042

  • ■営業時間:10:00AM~5:30PM
  • ■定休日:火曜・水曜・第二木曜(祝日除く)
携帯電話・PHSからもご利用いただけます。一部IP電話からはご利用になれません。
ご利用になれないお客さまは [0957-47-8436] へご連絡ください。