住まいの買い替え:マイホームの売却活動

  • 地域から物件を探す
    • 関東
    • 関西
    • 東海
    • 北海道
    • 東北
    • 中国
    • 九州
    • 沖縄
  • ライオンズマンションのものづくり
    • ライオンズマンションの歴史
    • Lions Living Labo
    • ものづくりの約束
    • グッドデザイン賞受賞
    • 住宅性能評価書とは
  • 購入初心者の方へ
    • マンション購入講座
    • 不動産用語集
  • 買い替え・資産運用をお考えの方へ
    • 住まいの買い替えNavi
    • 資産運用のご案内
  • Family First.Club
  • 住まいの買い替えNavi
  • 資産運用のご案内
STEP1 売りたいマイホームを査定する STEP2 マイホームの売り出し価格を決める STEP3 仲介会社と媒介契約を結ぶ STEP4 マイホームの売却活動 STEP5 買主と売買契約を結ぶ STEP6 引き渡し(残代金授受) STEP7 買い替え先購入の検討

STEP4:マイホームの売却活動

媒介契約を結ぶと、仲介会社の売却活動がスタートします。
売却活動は、以下の流れで進みます。

1指定流通機構(レインズ)への登録

仲介会社は、売り出す物件の情報を指定流通機構(レインズ)に登録します。レインズは国土交通省の指定を受けた不動産流通機構が運営するコンピュータ・ネットワーク・システムです。このネットワークには全国の売却希望物件等の情報が登録されるため、購入検討者を広い範囲から探すことができます。
なお、レインズに登録すると登録証明書が交付され、仲介会社を通じて売主(お客さま)に渡されます。

指定流通機構とは、国土交通大臣の指定を受けた全国で4つ(東日本、中部、近畿、西日本)の公益法人です。
利用会員数は、東日本:約6万6千社、中部:約1万6千社、近畿:約2万7千社、西日本:約2万5千社です。
この指定流通機構によって運営されている不動産物件情報交換のためのコンピュータ・ネットワーク・システムを「レインズ」といいます。

2広告・宣伝活動

売り出し物件の広告・宣伝活動は仲介会社の費用負担で行われ、お客さまには一定の頻度で仲介会社からの経過報告が行われます(専任媒介契約の場合は2週間に1回以上、専属専任媒介契約の場合は1週間に1回以上の頻度で文書または電子メールによる報告)。
購入検討者がなかなか現れない場合には、仲介会社と相談し、売却希望時期等に配慮しながら、売り出し価格を下げるなどの対応をすることになります。

広告・宣伝は、インターネットへの掲載や新聞の折り込みチラシ、住宅情報誌への掲載などの方法で行われます。

3お客さま(購入検討者)のご案内

購入検討者に良い印象を持っていただくことも成約のポイントになります。
ご自宅を広く見えるように物を整理したり、あらかじめ掃除をしておくとよいでしょう。
また購入検討者への感じの良い応対も心がけるようにしましょう。

事前にお約束した日時に、購入検討者のお客さまを仲介会社の担当者が同行して、ご自宅の間取りや内装、設備などを見学させていただきます。

4商談

購入検討者の購入希望価格と売り出し価格が一致しない場合もあります。仲介会社はお客さまの売却希望条件をもとに、購入検討者との間で価格や代金の支払い方法などの交渉を行います。 その他の条件についても譲れる点と譲れない点があればあらかじめ明確にして交渉を進めましょう。

マイホームの売却を検討するなら
大京グループの大京穴吹不動産に
是非ご相談ください

マンション・不動産の仲介(売買、賃貸)、売却、賃貸経営のご相談なら大京穴吹不動産

大京穴吹不動産にお問い合わせ

※大京グループの不動産仲介会社 大京穴吹不動産のページにリンクします。

TOP

 

ページTOP

お問い合わせ・ご予約は「ライオンズマンション総合ご案内センター」へ 0120-117406

(C)2009 DAIKYO INCORPORATED,All rights reserved.