住まいの買い替え:買い替えの3つのタイプ~自分はどのタイプ?

  • 地域から物件を探す
    • 関東
    • 関西
    • 東海
    • 北海道
    • 東北
    • 中国
    • 九州
    • 沖縄
  • ライオンズマンションのものづくり
    • ライオンズマンションの歴史
    • Lions Living Labo
    • ものづくりの約束
    • グッドデザイン賞受賞
    • 住宅性能評価書とは
  • 購入初心者の方へ
    • マンション購入講座
    • 不動産用語集
  • 買い替え・資産運用をお考えの方へ
    • 住まいの買い替えNavi
    • 資産運用のご案内
  • Family First.Club

買い替え・資産運用をお考えの方へ

  • 住まいの買い替えNavi
  • 資産運用のご案内

買い替えの3つのタイプ 自分はどのタイプ? - マンションの買い替えをしたい、そんなときに分かれる3タイプをご紹介。

住宅の買い替えには、マイホームの売却と買い替え先の購入のタイミングによって3つのタイプに分けられます。
自分がどのタイプなのかを考え、それぞれのメリットやデメリットを把握しましょう。

買い替えの3つのタイプのメリット・デメリット

タイプ その1同時進行タイプ

買い替え先を決めて、マイホームの売却と購入を同時に進めます。

同時進行タイプのイメージ

メリット

買い替え先の購入を決めてからマイホームを売却できるので、「仮住まい」が不要。

デメリット

マイホームが売却できない場合、買い替えを断念しなければならない場合がある。
買い替えを断念すると、購入物件の手付金放棄の場合もある。

タイプ その2売却先行タイプ

マイホームの売却を済ませ、売却資金を確定させてから買い替え先を探します。

売却先行タイプのイメージ

メリット

マイホームの売却資金が確定しているので、買い替え先の購入資金計画が立てやすい。

デメリット

売却したマイホームの引き渡しと買い替え先への入居時期が合わない場合には、「仮住まい」が必要になる。
その場合、「仮住まい」と「新居」の2回の引っ越しが必要。

タイプ その3購入先行タイプ

買い替え先を購入したあとに、マイホームを売却します。

購入先行タイプのイメージ

メリット

買い替え先への引っ越し後、マイホームの住宅を売却するので、「仮住まい」が不要。

デメリット

一時的に買い替え先で住宅ローンを使用する場合は、借り入れコストや利息負担が発生する。

お客さまの「買い替え」をサポートする大京グループのサービス!

大京グループでは、お客さまの買い替えに伴うお悩みを解消するさまざまなサービスをご提供しています。現在お住まいの住宅を売りたいときの「無料査定サービス」や、大京グループが直接マンションを買い取る「マンション買い取りサービス」をご活用ください。
まずはどのような「買い替えプラン」を選ぶかをお考えください。

買い替えプランの紹介はこちら

TOP

 

ページTOP

お問い合わせ・ご予約は「ライオンズマンション総合ご案内センター」へ 0120-117406

(C)2009 DAIKYO INCORPORATED,All rights reserved.