新築・分譲マンション「公式」ライオンズ那覇三原マスターズゲートの設備・仕様[構造] | 那覇市「安里」駅徒歩8分

EQUIPMENT

厳しい自社基準と先進の工法で築く「品質性能」とアフターサービス体制。

高水密サッシ

高水密サッシ

年のように台風に襲われる沖縄地区。当然、建物には、強風や豪雨に耐え得る高い性能が求められます。サッシは、耐風圧性・水密性・遮音性を強化した高性能サッシを採用しました。

※遮音性とは、屋外から室内へ入ってくる音や、室内から屋外へ漏れる音をどれくらい軽減できるかを表す性能です。T-2は外の騒音を30dB(T-1は25dB)低減させる性能の等級です。※サッシの表示性能は、JISの基準による当該製品の単体性能であるため、実際の住宅内での性能とは異なる可能性があります。※水密性とは雨を伴った風のとき、雨水の侵入をどれぐらいの風圧まで防ぐことができるかを表す性能です。

二重床・二重天井

二重床・二重天井

床と天井には、メンテナンスや将来のリフォームが容易な二重床・二重天井構造を採用。コンクリートとの間に空気層があるため、保温性にも優れています。又、二重床・フローリングにはΔLL(Ⅱ)-3及びΔLH(Ⅱ)-2の製品を採用しています。

※一部を除く。
※ΔLLとは、上下住戸間の軽量床衝撃音に対する遮音性能を示す等級単位で、数値が大きいほど高性能。軽量床衝撃音とは、スプーンを落としたときのコツンという音やスリッパのパタパタという歩行音のことです。※ΔLHとは、上下住戸間の重量床衝撃音に対する遮音性能を示す等級単位で、数値が大きいほど高性能。重量床衝撃音とは、子供が飛び跳ねるドスンという音のような重くて鈍い音のことです。
※(Ⅰ)は、直貼り防音フローリング等を、(Ⅱ)は、乾式二重床、発泡プラスチック床等を示しています。

小梁を無くしたボイドスラブ工法

小梁を無くしたボイドスラブ工法

一般的なマンションでは室内に小梁が出ますが、本物件は小梁が出ないボイドスラブ工法を採用しています。 この工法により、梁型の少ない、伸びやかで開放的な居住空間を演出しています。

※一部を除く。

杭基礎

杭基礎

建設地にて事前に綿密な地盤調査と構造計算を行い、堅固な支持層に達するコンクリート拡底杭で建物を支えることによって、耐震性を高めています。

※実際のスケール、位置、形状とは異なります。

高い強度のコンクリート

高い強度のコンクリート

建物構造躯体にはおよそ100年の耐久性を目指した、設計基準強度30〜48N/mm2のコンクリートを採用しています。

※日本建築学会編「建築工事標準仕様書・同解説JASS5鉄筋コンクリート工事2015年」の考え方を引用。※適正な長期修繕計画に基づく維持管理が前提であり、100年間メンテナンスが不要ということを保証するものではありません。※N(ニュートン)/mm2=コンクリートの強度の単位:1N/mm2とは約10㎏/1cm2のことで、1cm2に約10kgの力が加わっても壊れない強度のことです。数値が大きいほど耐久年数が長くなります。

ダブル配筋

ダブル配筋

建物の耐力壁は、配筋を2重に組むダブル配筋とし、躯体の強度を向上させています。

※建物構造壁以外の躯体壁を除く。一部チドリ配筋。

耐震性を高める溶接閉鎖型帯筋

耐震性を高める溶接閉鎖型帯筋

柱内部の帯筋には、つなぎ目をなくした溶接閉鎖型帯筋を主に採用。各帯筋のつなぎ目をしっかりと溶接し、一般工法の帯筋より耐震性を高めた構造としています。

※柱の一部を除く。

コンクリートの耐久性を高めるかぶり厚さ

コンクリートの耐久性を高めるかぶり厚さ

建物構造躯体は、鉄筋を保護する意味で重要なかぶり厚さについて、躯体完成時に建築基準法で定める数値が確保できるよう、施工時に10mm以上の余裕を見込んでいます。必要なかぶり厚さを確保することで、アルカリ性のコンクリートが酸化しやすい鉄筋を守ります。

※かぶり厚さとは、鉄筋を覆うコンクリートの厚さのことです。かぶり厚さの数値が大きいほど、鉄筋は錆びにくく、耐久性は高くなります。

劣化対策等級(構造躯体等)

建物構造躯体に使用する材料の交換など、大規模な改修工事を必要とするまでの期間を伸長するための必要な対策の程度は 「設計住宅性能評価書」における劣化対策等級にて最高等級の3を取得しています。

等級375年〜90年(3世代)

通常想定される自然現象および維持管理の条件下で3世代(おおむね75年〜90年)まで、大規模な修繕工事を必要とするまでの期間を伸長するための必要な対策が講じられている。

※劣化対策等級とは構造躯体等に使用する材料の交換等の大規模な改修工事を必要とするまでの期間を伸長するための必要な対策の程度のことです。※表示性能は部材自体の単体性能であるため、実際の住宅内での性能とは異なる場合があります。

2つの「住宅性能評価書」を取得予定

2つの「住宅性能評価書」を取得予定

国土交通大臣の登録を受けた第三者評価機関が、共通のルールに基づいて新築マンションなどの性能を評価(申請は任意)し、表示したものです。「設計住宅性能評価」は、設計図書の段階で図面などから評価し、「建設住宅性能評価」は工事施工中の数回の検査と竣工時の検査で評価します。


長期修繕計画

長期的な視点で資産価値の維持・向上を実現する修繕計画を提案します。

参考写真

大規模修繕工事の工事費がいつ、どの程度かかるか、建築資材や設備機器の標準的な耐用年数を基に、修繕時期の目安や概算の修繕工事費などを基に長期修繕計画を提案致します。

※当マンションの長期修繕計画につきましては係員にお尋ねください。

建物や設備の状態を的確に把握し適切な修繕工事を実施します。

参考写真

建物診断は建物の健康診断と同じで建物の劣化状態を技術者による目視、打診のほか、機械などを使って具体的に把握するものです。 診断結果により修繕必要な箇所と時期を特定し、合理的な工事を行うことができます。

3ヶ月、1年、2年を目処に定期点検を実施します。

3ヶ月目、1年目、2年目に定期点検を実施

大京では、本物件の入居開始日から3ヶ月、1年、2年を目処に専有部分と共用部分の定期点検を実施します。


くらしスクエア

マンション専用ホームページ
「くらしスクエア」

大京アステージが提供する会員専用サイトです。お住まいに関する情報やお困りごとのサポートをはじめ、 ショップ&サービスやコミュニティ形成に役立つコンテンツがいっぱい!さまざまなシーンでお客さまのくらしをサポートいたします。

※ご利用にはご契約時に発行される仮ID・仮パスワードが必要です。

掲載の参考写真・参考イラスト・概念図については、実際のものとは多少異なります。
表示性能は部材自体の単体性能であるため、実際の住戸内での性能とは異なる可能性があります。
掲載の絵図・写真・間取り図などの無断転載を禁じます。
掲載の写真は当物件のものではありません。
一部オプション仕様(有料)が含まれています。
オプション・セレクトなどの受付期間には制限があります。詳しくは係員にお尋ねください。
上記の構造性能の説明は、建物構造建物躯体のことを示しています。

お問い合わせは 「ライオンズ那覇三原マスターズゲート」マンションギャラリーへ

0120-552542

  • ■営業時間:10:00AM~6:30PM
  • ■定休日:火曜・水曜(祝日を除く)
携帯電話・PHSからもご利用いただけます。一部IP電話からはご利用になれません。
ご利用になれないお客さまは [098-987-6991] へご連絡ください。