未来エリア


都心の、未来の、その中心に住まう。



1さっぽろ創世スクエア

都心の未来をリードする
ランドマークとして誕生

国内外の舞台芸術や公演を鑑賞できる札幌文化芸術劇場、市民の自由な文化活動を育む札幌文化芸術交流センター、人々に多彩な情報を提供する札幌市図書・情報館に加え、放送局、店舗、オフィスなどが集積。上質なアートや最新のトレンドを、いつでも気軽に楽しめます。

さっぽろ創世スクエア(350m・徒歩5分)
A 劇場内部完成予想図 B 1Fオープンスタジオ完成予想図 C 1Fライブラリー完成予想図
  1. A札幌文化芸術劇場
    北海道初の多面舞台を備える2,300席の劇場。オペラ、バレエをはじめとする国内外の舞台芸術や、ポップスコンサートなどさまざまなジャンルの公演、大規模な集会などに利用できます。
  2. B札幌文化芸術交流センター
    札幌の文化芸術をサポートする拠点として、相談・活動支援事業をはじめとした事業を幅広く展開。各種スタジオは、市民の交流や活動の場に利用できます。
  3. C札幌市図書・情報館
    仕事や暮らしに役立つ情報や札幌の文化・歴史・自然などに関する資料が充実。カフェと一体になっており、飲み物や本を持ったまま自由に移動できます。

メニューに戻る


2中央体育館の移転新築

気軽な健康づくりや、
本格的なスポーツ活動のために

老朽化した中央体育館が移転新築され、2019年4月開館予定。市民の健康づくりやさまざまなスポーツ活動への貢献が期待されます。

中央体育館[北4東6周辺地区]完成予想図(650m・徒歩9分)
※[出典:札幌市スポーツ局スポーツ部]

メニューに戻る


3北海道新幹線専用ホームの建設

創成川をまたいで、都心の新たなにぎわいを形成

2030年度末にJR「札幌」駅への延伸が予定されている北海道新幹線のホームが、現札幌駅の東約200mにある創成川をまたぐかたちで建設されます。それにともない、いまの札幌駅前から創成川イーストにかけてのエリアに、都心の新たなにぎわいが形成されることが期待されます。

東京~札幌間を約5時間1分で結ぶ予定※2

メニューに戻る


4JR「苗穂」新駅の建設

JR「札幌」駅から「苗穂」新駅へとつづくエリアが活性化

現在の駅舎のある場所から約300m札幌駅寄りに移設。2018年11月17日に開業が予定されています。※3新しい駅舎には線路を南北にまたぐ自由通路が設けられ、駅周辺のアクセスが大幅に向上。JR「札幌」駅から「苗穂」新駅へとつながるエリアの街づくりにも、期待が高まっています。

メニューに戻る







PAGE TOPへ
tel 現地案内図 資料請求・見学予約