分譲マンション「公式」ミッドマークス円山[桜の邸&杜の邸]の優美なるデザイン | 札幌市中央区「円山公園」駅徒歩7分[桜の邸]・徒歩8分[杜の邸]

円山継承。南円山の風景を受け継ぐ住まいに。


  • 円山の象徴となる、
    ミッドマークス円山[桜の邸&杜の邸]
    円山の魅力は、緑豊かな落ち着いた環境で心豊かな時間を過ごすことができるところにあります。そんな円山の風景を受け継ぎ、北海道神宮の歴史をすぐ近くに感じながら、日々の生活をゆったりと送る安心感のある住まいを目指しました。
  • 人の手で作り上げたような、
    温かみのあるデザインを。
    時を重ねて成熟してきた円山のように、時間をかけて人が丁寧に作り上げたような深い味わいを感じさせる建物にしたい。彫刻的な立体感のあるデザインと上質感のあるナチュラルカラーで統一し、表情豊かな外観に仕上げました。

船田 徹夫

デザイン監修
船田アーキテクツ
船田 徹夫
Tetsuo Funada

時代はポストモダンへと移行する中、自身も自由で柔らかな建築、歴史との関係性へと表現の可能性を広げていく。「ライオンズ町田マークスフォート」が2012年度グッドデザイン賞(住宅・住宅設備部門)を受賞しました。

杜の邸エントランスアプローチ

円山の自然と結ばれる、
約2,700㎡の雄大なランドプラン。

ゆったりとした敷地に優美に佇む〈桜の邸〉と〈杜の邸〉。
そのランドプランは、自然豊かな円山の風景を受け継ぐために描かれたもの。

ピンチアウトで拡大表示がされます。

自然豊かな円山の四季が
感じられる
連続性を意識した
植栽を数多く配置。

春はシャクナゲやキレンゲツツジ、夏はラベンダーやムクゲの花が咲き、
秋にはヤマモミジ、メイゲツカエデなどが紅葉します。
潤い豊かな植栽が住まいと一体となり、この街と暮らしに新しい風景を創り出します。

  • 1.シャクナゲ 2.リュウキュウツツジ
    3.カバレンゲツツジ 4.キレンゲツツジ

    春の植栽
  • 1.ムクゲ 2.ハーブ
    3.リシマキア 4.ラベンダー

    夏の植栽
  • 1.コトネアスター 2.ドウダンツツジ
    3.ヤマモミジ 4.メイゲツカエデ

    秋の植栽
  • 四季

    1.フィリフェラオーレア 2.イチイ
    3.アカエゾマツ 4.タマツゲ

    四季の植栽

円山の自然を内側に宿す、
やすらぎの共用空間。

豊かな円山の自然を建物の内部にまで引き込むことをイメージ。2棟のエントランスやエントランスホールは同じ素材で統一感をもたせながら、変化のある空間構成により個性を与えています。石や木目調のしつらいが、心地よいやすらぎを奏でます。

杜の邸エントランスホール
杜の邸 共用廊下
桜の邸 EVホール
桜の邸エントランスホール

植栽はすべて参考写真で、実際のものとは多少異なります。
掲載の敷地配置図はイラストで描いたもので、スケール等の差異が生じます。
四季の表記は気温や天候により変わる場合があります。
「ミッドマークス円山 桜の邸」と「ミッドマークス円山 杜の邸」はそれぞれ別物件で、入居後それぞれの敷地へは入れません。
方位記号は若干誤差があります。
掲載の「ミッドマークス円山 桜の邸・杜の邸」の外観および内観写真は2018年3月・5月・8月に撮影したものです。
掲載の絵図・写真・間取り図などの無断転載を禁じます。

page top