新築分譲マンション「公式」クロッセ秋田のコンセプト | 秋田市「秋田」駅徒歩4分

Concept

ドラマティックに変わる秋田駅前地区、
今までにないアーバンライフが始まります。

「秋田版CCRCプロジェクトが目指すのは、
健康で活きいきと豊かな暮らしをサポートすることです。」

株式会社 北都銀行 取締役会長 斉藤 永吉 氏

この地域は、秋田藩久保田城跡のある千秋公園、美術館、図書館なども徒歩1km圏内で、自然や文化、芸術、歴史の香りで毎日の暮らしを満たすことができます。電車やバス、空港リムジンなども便利なJR「秋田」駅前エリアで、かつ商業施設も近接しており利便性が高い場所です。また、広域拠点地区として最短のアクセスポイントになっています。

2020年秋に完成する複合拠点ビルは地上17階、地下1階。5階から17階の居住区画は分譲マンションとし、県外・首都圏などからの移住者、アクティブシニアや若い世代もできるだけ迎え入れていこうというコンセプトです。1~4 階は医療、健康相談、金融機関などが入る予定です。

医療・健康面での安心感に加え、これまで培った知識や見識を生かし、仕事やボランティアを通じて交流を深め、地域に根を張って暮らしたいという方も数多くいらっしゃいます。秋田のメインゲートエリアに、上質な住環境で健やかに過ごす秋田版CCRC。この地で、多地域・多世代の交流を育みながら健康長寿を実現し、地域が丸ごとイキイキ輝く。そんな秋田の未来実現を目指しています。 (2018年12月17日 北都銀行本社にて取材)

周辺地域の健康増進に繋がるような
地域に開かれた賑わい、交流の拠点へ。

秋田版CCRC※1拠点整備事業※2における3つのコンセプト

  • CCRC

    移住定住 生涯活躍
    多世代交流 地域包括ケアシステム

    『市街地の活性化』

  • コンパクトシティ

    中心市街地活性化 市街地環境形成
    立地適正化 都市機能の複合整備
    持続可能な都市構造へ

    『地域住民の健康増進』

  • スマートウェルネス

    健康長寿 予防医療
    在宅自立支援 生活拠点整備
    ダイバーシティ

    『上質な住まいの提供』

※1.「Continuing Care Retirement Community」の略で直訳すると「継続的なケア付きの高齢者たちの共同体」。仕事をリタイアした人が第二の人生を健康的に楽しむ街として米国から生まれた概念。
※2.本件は、秋田県の「あきた未来総合戦略」、秋田市の「第二期中心街地活性化基本計画」等に基づく事業であり、秋田版CCRCによる県都秋田市の復活のシンボル事業として、人口減少に歯止めを掛けると共に、中心市街地の活性化の実現を企図したもの。

秋田駅前で有力ブランドが手がける、新しい住まい。

  • 株式会社 大京

    全国で約34万戸以上の分譲実績。累計供給実績は全国No.1※1。ファミリーからシングルまで、幅広いお客さまのニーズに応える多様なマンションを展開しています。※1.全国の事業主別累計供給戸数ランキングで大京は第1位(各社事業開始から2017年までの累計戸数)/(株)不動産経済研究所調べ。各社事業開始から2017年までの累計戸数は、不動産経済研究所発行の「全国マンション市場・30年史」から抜粋した2002年までの各社供給実績に、同社発表の事業主別年間発売戸数(2003年以降)を加えたものです。

  • 秋田不動産サービス株式会社

    秋田県内を中心とした中古住宅、土地、マンション等の不動産売買の仲介を主に、テナントビルの運営、月極駐車場の賃貸・管理を行っております。

  • ミサワホーム

    住まいづくりから、医療・介護・子育て支援を中心とした複合開発やコンパクトシティ型のまちづくりへと事業領域を拡大しております。

掲載の絵図・写真・間取り図などの無断転載を禁じます。

お問い合わせは 「クロッセ秋田」マンションギャラリー

0120-373873

  • ■営業時間:10:00AM~6:00PM
  • ■定休日:火曜・水曜・第2木曜(祝日を除く)
携帯電話・PHSからもご利用いただけます。一部IP電話からはご利用になれません。