地方都市で叶える快適暮らし

新たなライフスタイルを創る
「地方」という選択肢。

地方都市移住
スタイル解説

移住プランナー・泉谷 勝敏氏

近年、地方移住が注目を浴びています。実際、内閣府の調査では日本人の4割が地方での暮らしを考えているというデータもあります。テレビや雑誌で見て、憧れる地方暮らしですが、実際には交通面や医療サービスなど様々な事情があり、なかなか踏みだせないという実情があるのではないでしょうか。
そこで注目されているのが地方都市への移住です。
地方都市の特徴として、今までと変わらない便利な環境でライフスタイルを送りながら、少し足を伸ばせば海や山といった自然環境に恵まれた豊かな暮らしが待っています。
経済的な豊かさを求める時代から、心の豊かさを求める時代へ。
あなたが求めるライフスタイルがそこにあります。

泉谷 勝敏氏
監修
泉谷 勝敏
ファイナンシャルプランナー
大阪の北浜で金融業界のトップセールスマンとして活躍したのち、仕事第一のライフスタイルを変えるべく山口県周防大島町へIターン。現在は移住先進地と呼ばれる周防大島町の定住促進戦略を手掛けるほか、総務省地域力創造アドバイザーとして全国各地の地域づくりに取り組む。日本では珍しいといわれる移住前後のマネープランニングができるファイナンシャルプランナーでもある。

地方都市移住
6つのスタイル

  • STYLE.1

    移住
    (完全移住)
    生活基盤の全てを都心から地方へ移す暮らし。
    リタイア前の移住は暮らす街や周辺での仕事が前提となる。
  • STYLE.2

    デュアル
    ライフ
    都市と地方の両方を継続的な生活拠点とするライフスタイル。
    「二地域居住」とも言われる。
  • STYLE.3

    週末移住
    平日は都市で、休日は地方へ。
    いわゆる「金帰月来」の暮らし方。
    自然豊かな地方都市が選ばれることが多い。
  • STYLE.4

    季節移住
    シーズンスポーツを楽しむ暮らしや避暑や避寒など、
    リゾートとして季節のいい時にだけ移住する暮らし方。
  • STYLE.5

    趣味
    住まい
    絵画や陶芸、手芸などの趣味や
    副業としてのワークを行なう場所として、
    地方にアトリエを主とした拠点をもつ暮らし。
  • STYLE.6

    セカンド
    ライフ
    老後の暮らしを地方に求めるライフスタイル。
    都市での暮らしよりも生活費を下げる狙いで
    地方移住を選ぶ方も多い。