ライオンズタワー半田|「2007年度グッドデザイン賞」受賞|ライオンズマンションの大京

  • 地域から物件を探す
    • 関東
    • 関西
    • 東海
    • 北海道
    • 東北
    • 中国
    • 九州
    • 沖縄
  • ライオンズマンションのものづくり
    • ライオンズマンションの歴史
    • Lions Living Labo
    • ものづくりの約束
    • グッドデザイン賞受賞
    • 住宅性能評価書とは
  • 購入初心者の方へ
    • マンション購入講座
    • 不動産用語集
  • 買い替え・資産運用をお考えの方へ
    • 住まいの買い替えNavi
    • 資産運用のご案内
  • Family First.Club

グッドデザイン賞

MENU

MENU

受賞プロジェクト

グッドデザイン賞を受賞したライオンズマンションをご紹介します。
受賞年別のページへ移動します。

その居住空間、ランドスケープ、ファサードデザイン、環境デザイン、地域貢献性などが評価されグッドデザイン賞を受賞したライオンズマンションをご紹介します。

グッドデザイン賞とは?

グッドデザイン賞とは?

「グッドデザイン賞」は、1957年に通商産業省によって設立された「グッドデザイン選定制度」を継承し、1998年より財団法人日本産業デザイン振興会の主催事業として運営する、日本で唯一の総合的デザイン評価・奨励制度です。
これまで50年にわたり、新しい時代の文化と生活を創造することを目的に、「より豊かなライフスタイル」と「良いビジネス」を導く運動として展開され、今日では国内外の多くの企業や団体が参加しています。また「グッドデザイン賞」受賞のシンボルである「Gマーク」は良いデザインを示す象徴として広く一般に親しまれています。

2007年グッドデザイン賞受賞
(建築・環境デザイン部門)

ライオンズタワー半田

左:知多半田駅のランドマーク、右上:街を光と演出するルーパー、右下:テントルーパーのリズミカルな表情

左:知多半田駅のランドマーク、右上:街を光と演出するルーパー、右下:テントルーパーのリズミカルな表情

夜空に架かるペデストリアンデッキ

夜空に架かるペデストリアンデッキ

バルコニーが作り出す豊かな表情

バルコニーが作り出す豊かな表情

黒板塀の街並みをイメージした商業空間

黒板塀の街並みをイメージした商業空間

コンセプト

"快適な都市型住宅と公共性ある空間を提供し、半田市に潜在している魅力ある街のポテンシャルを顕在化させることを意識しながら計画"

「ライオンズタワー半田」は、中心地として活力が失われつつあった知多半田駅前の再生をねらいとして計画された「知多半田駅前地区市街地再開発事業」の一環で、商業施設、公共施設、住宅、駐車場からなる17 階建ての複合ビルです。
名鉄河和線「知多半田」駅とペデストリアンデッキで直結した建物の低層階には、ショッピングモールや金融機関などの店舗に加え、子育て支援などを行う市民交流センター、市営駐車場が併設するなど、当地区における土地の合理的かつ健全な高度利用と都市機能の更新を図り、これにより半田市の玄関口としてふさわしい街づくりを推進しました。

受賞理由

「多岐にわたる複雑なプログラムをうまくまとめあげ地域の活性化に貢献している。特に住戸はゆったりとしたバルコニーを持ち、眺望を生かした住まいが実現されている。バルコニーや駐車場のデザインが豊かなファサードを作り上げている。」と評価されました。

物件概要

物件名 ライオンズタワー半田(分譲済み)
所在地 愛知県半田市広小路町90番地
総戸数 住宅施設55戸(住居54戸、コミュニティルーム(集会室)1戸)+店舗・駐車場
敷地面積 6,131.78㎡(従前地の登記簿)
建築確認対象敷地面積 5,267.83㎡(仮換地面積)
建築面積 3,757.87㎡
建築延面積 25,848.41㎡
着工日 2004年12月10日
竣工日 2006年7月27日
構造・規模 鉄筋コンクリート造一部鉄骨造、地下1階・地上17階建て、共同住宅付店舗
設計・監理 株式会社アール・アイ・エー
施工 鴻池・八洲共同企業体
事業主・売主
株式会社大京

ページTOP

MENU

MENU

受賞プロジェクト

グッドデザイン賞を受賞したライオンズマンションをご紹介します。
受賞年別のページへ移動します。

その居住空間、ランドスケープ、ファサードデザイン、環境デザイン、地域貢献性などが評価されグッドデザイン賞を受賞したライオンズマンションをご紹介します。

グッドデザイン賞とは?

グッドデザイン賞とは?

「グッドデザイン賞」は、1957年に通商産業省によって設立された「グッドデザイン選定制度」を継承し、1998年より財団法人日本産業デザイン振興会の主催事業として運営する、日本で唯一の総合的デザイン評価・奨励制度です。
これまで50年にわたり、新しい時代の文化と生活を創造することを目的に、「より豊かなライフスタイル」と「良いビジネス」を導く運動として展開され、今日では国内外の多くの企業や団体が参加しています。また「グッドデザイン賞」受賞のシンボルである「Gマーク」は良いデザインを示す象徴として広く一般に親しまれています。

2007年グッドデザイン賞受賞
(建築・環境デザイン部門)

ライオンズタワー半田

左:知多半田駅のランドマーク、右上:街を光と演出するルーパー、右下:テントルーパーのリズミカルな表情

左:知多半田駅のランドマーク、右上:街を光と演出するルーパー、右下:テントルーパーのリズミカルな表情

夜空に架かるペデストリアンデッキ

夜空に架かるペデストリアンデッキ

バルコニーが作り出す豊かな表情

バルコニーが作り出す豊かな表情

黒板塀の街並みをイメージした商業空間

黒板塀の街並みをイメージした商業空間

コンセプト

"快適な都市型住宅と公共性ある空間を提供し、半田市に潜在している魅力ある街のポテンシャルを顕在化させることを意識しながら計画"

「ライオンズタワー半田」は、中心地として活力が失われつつあった知多半田駅前の再生をねらいとして計画された「知多半田駅前地区市街地再開発事業」の一環で、商業施設、公共施設、住宅、駐車場からなる17 階建ての複合ビルです。
名鉄河和線「知多半田」駅とペデストリアンデッキで直結した建物の低層階には、ショッピングモールや金融機関などの店舗に加え、子育て支援などを行う市民交流センター、市営駐車場が併設するなど、当地区における土地の合理的かつ健全な高度利用と都市機能の更新を図り、これにより半田市の玄関口としてふさわしい街づくりを推進しました。

受賞理由

「多岐にわたる複雑なプログラムをうまくまとめあげ地域の活性化に貢献している。特に住戸はゆったりとしたバルコニーを持ち、眺望を生かした住まいが実現されている。バルコニーや駐車場のデザインが豊かなファサードを作り上げている。」と評価されました。

物件概要

物件名 ライオンズタワー半田(分譲済み)
所在地 愛知県半田市広小路町90番地
総戸数 住宅施設55戸(住居54戸、コミュニティルーム(集会室)1戸)+店舗・駐車場
敷地面積 6,131.78㎡(従前地の登記簿)
建築確認対象敷地面積 5,267.83㎡(仮換地面積)
建築面積 3,757.87㎡
建築延面積 25,848.41㎡
着工日 2004年12月10日
竣工日 2006年7月27日
構造・規模 鉄筋コンクリート造一部鉄骨造、地下1階・地上17階建て、共同住宅付店舗
設計・監理 株式会社アール・アイ・エー
施工 鴻池・八洲共同企業体
事業主・売主
株式会社大京

ページTOP

ページTOP

(C)2009 DAIKYO INCORPORATED,All rights reserved.