ライオンズタワー月島|「2006年度グッドデザイン賞」受賞|ライオンズマンションの大京

  • 地域から物件を探す
    • 関東
    • 関西
    • 東海
    • 北海道
    • 東北
    • 中国
    • 九州
    • 沖縄
  • ライオンズマンションのものづくり
    • ライオンズマンションの歴史
    • Lions Living Labo
    • ものづくりの約束
    • グッドデザイン賞受賞
    • 住宅性能評価書とは
  • 購入初心者の方へ
    • マンション購入講座
    • 不動産用語集
  • 買い替え・資産運用をお考えの方へ
    • 住まいの買い替えNavi
    • 資産運用のご案内
  • Family First.Club

グッドデザイン賞

MENU

MENU

受賞プロジェクト

グッドデザイン賞を受賞したライオンズマンションをご紹介します。
受賞年別のページへ移動します。

その居住空間、ランドスケープ、ファサードデザイン、環境デザイン、地域貢献性などが評価されグッドデザイン賞を受賞したライオンズマンションをご紹介します。

グッドデザイン賞とは?

グッドデザイン賞とは?

「グッドデザイン賞」は、1957年に通商産業省によって設立された「グッドデザイン選定制度」を継承し、1998年より財団法人日本産業デザイン振興会の主催事業として運営する、日本で唯一の総合的デザイン評価・奨励制度です。
これまで50年にわたり、新しい時代の文化と生活を創造することを目的に、「より豊かなライフスタイル」と「良いビジネス」を導く運動として展開され、今日では国内外の多くの企業や団体が参加しています。また「グッドデザイン賞」受賞のシンボルである「Gマーク」は良いデザインを示す象徴として広く一般に親しまれています。

2006年グッドデザイン賞受賞
(建築・環境デザイン部門)

ライオンズタワー月島

コンセプト

"環境共生・地域共生を実現させたランドスケープデザイン"

「ライオンズタワー月島」は、東京メトロ有楽町線・都営地下鉄大江戸線「月島」駅より徒歩1 分の地に建つ32 階建ての超高層オール電化マンションです。周辺は戦前から木造密集市街地であり、隅田川や運河の水際空間も近く、緑の鉢植えに彩られた路地・長屋の家並みが今なお残る地域です。 当プロジェクトは、こうした下町文化や佃の歴史を継承しつつ五感に響く環境を創造し、地域の人々との交流にも寄与する住宅の実現を目指し、超高層マンションとしては日本で初めて、財団法人建築環境・省エネルギー機構より「環境共生住宅」に認定されました。

具体的な取り組み

  1. ① 路地の再生
  2. ② 約63%の空地率を確保し、都市の杜を創生
  3. ③ 地域に開放した自由な交流の場
  4. ④ 地域文化を承継するオブジェの設置
  5. ⑤ 子育て支援施設やコンビニエンスストアの設置
  6. ⑥ 地域自治会の町会施設の設置(中央区に寄贈)

受賞理由

「路地と道路との関係、および低層部と周辺環境の関係を考慮したデザイン、さらに、保育所、庭、町会施設など、地域との共生に尽力し自治体に評価されている点が良い」と評されました。

物件概要

物件名 ライオンズタワー月島(分譲済み)
所在地 東京都中央区佃2 丁目10 番9
総戸数 291戸
敷地面積 4,720.47㎡
建築確認対象敷地面積 4,742.25㎡
建築延面積 39,575.06㎡(容積対象外面積10,990.81 峇泙燹
着工日 2003年2月28日
竣工日 2005年11月25日
構造・規模 鉄筋コンクリート造一部鉄骨造、地下2 階・地上32 階建て
設計・監理 株式会社東畑建築事務所
施工 前田建設工業株式会社
事業主・売主
株式会社大京

ページTOP

MENU

MENU

受賞プロジェクト

グッドデザイン賞を受賞したライオンズマンションをご紹介します。
受賞年別のページへ移動します。

その居住空間、ランドスケープ、ファサードデザイン、環境デザイン、地域貢献性などが評価されグッドデザイン賞を受賞したライオンズマンションをご紹介します。

グッドデザイン賞とは?

グッドデザイン賞とは?

「グッドデザイン賞」は、1957年に通商産業省によって設立された「グッドデザイン選定制度」を継承し、1998年より財団法人日本産業デザイン振興会の主催事業として運営する、日本で唯一の総合的デザイン評価・奨励制度です。
これまで50年にわたり、新しい時代の文化と生活を創造することを目的に、「より豊かなライフスタイル」と「良いビジネス」を導く運動として展開され、今日では国内外の多くの企業や団体が参加しています。また「グッドデザイン賞」受賞のシンボルである「Gマーク」は良いデザインを示す象徴として広く一般に親しまれています。

2006年グッドデザイン賞受賞
(建築・環境デザイン部門)

ライオンズタワー月島

左:外観(2005年12月撮影)、右上:涼の庭(自然な趣をもつ沿道空間)(2005年12月撮影)、右下:月見の桟橋のオブジェ(記憶の継承)(2005年12月撮影)

左:外観(2005年12月撮影)、右上:涼の庭(自然な趣をもつ沿道空間)(2005年12月撮影)、右下:月見の桟橋のオブジェ(記憶の継承)(2005年12月撮影)

コンセプト

"環境共生・地域共生を実現させたランドスケープデザイン"

「ライオンズタワー月島」は、東京メトロ有楽町線・都営地下鉄大江戸線「月島」駅より徒歩1 分の地に建つ32 階建ての超高層オール電化マンションです。周辺は戦前から木造密集市街地であり、隅田川や運河の水際空間も近く、緑の鉢植えに彩られた路地・長屋の家並みが今なお残る地域です。 当プロジェクトは、こうした下町文化や佃の歴史を継承しつつ五感に響く環境を創造し、地域の人々との交流にも寄与する住宅の実現を目指し、超高層マンションとしては日本で初めて、財団法人建築環境・省エネルギー機構より「環境共生住宅」に認定されました。

具体的な取り組み

  1. ① 路地の再生
  2. ② 約63%の空地率を確保し、都市の杜を創生
  3. ③ 地域に開放した自由な交流の場
  4. ④ 地域文化を承継するオブジェの設置
  5. ⑤ 子育て支援施設やコンビニエンスストアの設置
  6. ⑥ 地域自治会の町会施設の設置(中央区に寄贈)

受賞理由

「路地と道路との関係、および低層部と周辺環境の関係を考慮したデザイン、さらに、保育所、庭、町会施設など、地域との共生に尽力し自治体に評価されている点が良い」と評されました。

物件概要

物件名 ライオンズタワー月島(分譲済み)
所在地 東京都中央区佃2 丁目10 番9
総戸数 291戸
敷地面積 4,720.47㎡
建築確認対象敷地面積 4,742.25㎡
建築延面積 39,575.06㎡(容積対象外面積10,990.81 峇泙燹
着工日 2003年2月28日
竣工日 2005年11月25日
構造・規模 鉄筋コンクリート造一部鉄骨造、地下2 階・地上32 階建て
設計・監理 株式会社東畑建築事務所
施工 前田建設工業株式会社
事業主・売主
株式会社大京

ページTOP

ページTOP

(C)2009 DAIKYO INCORPORATED,All rights reserved.