PLAN

潤いあふれるランドスケープを創り、手間のかかる建築技法を採り入れた全10邸。

小田急小田原線「鶴川」駅南口からフラットアプローチで徒歩3分の地に待望の新街区が誕生します。
北口には多彩な利便施設が充実。かけがえのない家族の絆を紡ぎ、永く住み継がれていくこと。
快適と安心を享受でき憧れを集める暮らしが、ここにあります。

空撮

※1.「待望」とは、小田急小田原線(新宿駅〜小田原駅間)徒歩3分圏内、総区画数10区画以上の民間新築分譲戸建てにおいて、本プロジェクトの供給(2018年4月)が「開成庭園の杜(2003年1月)」以来、約15年ぶりの供給となること(2018年2月現在、(有)エム・アール・シー調査・捕捉に基づく分譲建売データによる)、駅まで190mのフラットアプローチおよび駅前の生活利便を享受できることを表現しております。 ※掲載の航空写真は2017年10月に撮影したものにCG処理を施しており、一部実際とは異なります。また現地の位置を表現した光は、建物の規模や高さを示すものではありません。

コンセプト

駅からは負担の少ないフラットアプローチ。

丘陵の多い多摩エリアでは、小田急小田原線は谷あいを走っており、駅の両側に平坦な場所が少なく、すぐ上りの傾斜地になります。
「アリオンテラス鶴川」は、限られたフラットな立地です。

※掲載の絵図・写真・間取り図などの無断転載を禁じます。

資料請求
イベント予約
現地案内図
「アリオンテラス鶴川」0120-003160