デザイン design

外観完成予想図

豊かな緑を背景に、
洗練された表情を湛えるファサード。

建物は、「空を感じるヴィラ」をコンセプトにデザイン。高台のこの地にふさわしい、周辺の緑や青空に映える美しい佇まいをめざしました。外壁はアースカラーとホワイトを基調とし、手すりには、眺望とプライバシーに配慮した高透過の乳白ガラスを採用。ランダムにあしらった木目調ルーバーがアクセントとなり、洗練された個性を主張します。

エントランス完成予想図

木目調ルーバーと大庇を構え、
潤いを添えたエントランス。

エントランスは、両サイドに木目調ルーバーをあしらい、上部に大きな庇を広げて、印象的な邸宅の顔に仕立てました。エントランスアプローチには、豊富な植栽スペースを確保。多彩な樹種を混植したナチュラルな植栽と石積みが、自然のやすらぎに満ちた空間を演出し、ご帰宅を優雅にお出迎えします。

周辺の自然と呼応する、風合いのあるマテリアルをセレクト。

外壁素材は、優しい風合いと色合いにこだわり、ライトベージュの45二丁掛タイルや木目調ルーバーなどを採用。エントランスホールやコミュニティラウンジには、上質な落ち着きを演出する大判タイルやボーダータイルを使用しています。

参考写真
デッキテラス完成予想図
コミュニティラウンジ・テラスラウンジ完成予想図

野菜等の栽培や収穫が楽しめる屋上菜園。
イベント等も開催し、コミュニティ形成をサポート。

屋上には菜園を設け、居住者の方々が野菜等の栽培や収穫を楽しむことができます。収穫した野菜をコミュニティラウンジのキッチンで調理したり、収穫祭などのイベントも開催する予定※。居住者同士のコミュニケーションが自然に深まる環境をつくることで、万一の災害時にも共助しあえるコミュニティの形成をめざしていきます。
※イベントは変更になる場合があります。

参考写真

桜のプロムナードやテラスガーデンなど、
周辺と連続するランドスケープをデザイン。

周辺の豊かな自然と連続性のあるランドスケープをめざして、敷地の南北を中心に豊富な植栽スペースやガーデンスペースを確保しました。南側は、駅前から続く桜並木と連続するように「桜のプロムナード」を形成。北側には、敷地の高低差を活かして「テラスガーデン」を設置。高木を数多く採り入れた“小さな森”のような空間で、アウトドアのひとときを楽しめます。

地域の在来種にこだわって、
自然な雰囲気の植栽を演出。

敷地内の樹木は、地域の植生に配慮し、在来種を中心にセレクトしました。常緑樹や落葉樹、高木や低木など、多様な種類を組み合わせることで自然味あふれるランドスケープを創出。ソメイヨシノやイロハモミジ、ツツジ、アジサイといった季節感あふれる樹種も採り入れ、暮らしに四季折々の潤いをお届けします。

※掲載の絵図は図面を基に描き起こしたもので、実際とは多少異なります。なお、周囲の建物等は省略してあります。
※住戸内のカーテン・照明等は絵図用に描いたものであり、販売価格には含まれません。また、標準で設置されるものではありません。
※絵図中の樹木は、ある程度成長した状態の予想図です。また特定の季節や建物完成時の状態を想定して描かれたものではありません。
※共用部の設置家具の内容・色等は変更になる場合があります。
※参考写真については、実際のものとは多少異なります。
※植栽はすべて参考写真で、実際のものとは多少異なります。また、樹種等が変更になる場合があります。
※共用部分のご利用には一定の条件があります。
※敷地配置図は図面を基に描き起こしたもので、実際とは多少異なります。方位記号は若干誤差があります。正確な方位については設計図書でご確認ください。
※掲載の絵図・写真・間取り図などの無断転載を禁じます。