DESIGN LANDPLAN

寛ぐ、語らう、癒される。住まう人のための思想が息づく、ランドスケープデザイン。

SCROLL
街と調和し、新たな風景となる邸宅  家族の上質な暮らしを語る低層レジデンス。
外観完成予想図
並木の緑を受け継ぎ、街に新たな緑景を描く。“光・風・緑”をつなぐ低層邸宅を、ここに。並木と呼応するように豊かな緑を採り入れたほか、軒高を抑えた庇やルーバーなどを設けることで、光と風が爽やかに通り抜けるようなイメージを創出。美しく時を重ねていく低層住宅街※1に然るべき“緑景のテラス”を描きます。
上質さ・温かさ・心地よさが息づく、だれもが快適に過ごせる永住邸宅を追求。 We+F vision 石倉 雅俊 1963年生まれ、島根県出身。1982年株式会社ウイ・アンド・エフ ヴィジョンを設立。主に、商業デザインをはじめ、集合住宅のデザインを監修。主な受賞暦は、1993年 日本サインデザイン協会第27回SDA賞。サインデザイン準優秀賞(神戸ハーバーランドMOSAIC)。2002年には、日本産業デザイングッドデザイン賞を受賞する。
※1.「低層住宅街」とは、江戸川区街づくり基本プラン(都市マスタープラン)において低層住宅地形成地区として位置づけられている「江戸川五丁目付近地区地区計画」区域の中でも、最高限度13mの高さ制限が設けられた「住居街区A」内であることを示しています。

エントランスホール完成予想図

世代を超えて人々が交流する、緑にやすらぐエントランスホール。中庭を眺めながら寛げるエントランスホールをご用意。住まう方やゲストが交流できる温かなコミュニティの拠点として機能しながら、非常時には居住者のための防災拠点としても活躍します。
□敷地配置図
LANDPLAN ゾーンごとに異なるテーマを持たせた植栽プラン。多種多様な緑が住まう人々の心を潤します。□敷地配置図※図面を基に描き起こしたもので実際とは多少異なります。なお、周囲の建物は省略してあります。※方位記号は若干誤差があります。正確な方位については設計図書でご確認ください。
美意識の高い外観・迎賓空間を仕立てるマテリアル。外壁には緑が爽やかに映えるベージュ色タイルを選定。エントランスにはアプローチと調和する床材を採用したほか、ガラスで中庭に視覚的な抜けをもたせて、内外に一体感が感じられるようにコーディネートしています。※共用部の素材※色調についてはモニターの都合上、実際とは異なります。

※掲載の外観完成予想図は図面を基に描き起こしたもので実際とは多少異なります。なお、周囲の建物は省略してあります。
※完成予想図中の植栽は、ある程度成長した状態の予想図です。また、特定の季節や建物完成時の状態を想定して描かれたものではありません。
※葉や花の色合い、樹形等はイメージであり、実際のものとは異なります。また、植栽計画は変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
※完成予想図の映り込みに関してはCG処理によるものであり実際とは異なります。
※掲載のエントランスホール完成予想図は図面を基に描き起こしたもので実際とは多少異なります。
※共用部の設置家具の内容、色等は変更になる場合があります。
※掲載の絵図・写真・間取り図などの無断転載を禁じます。

PAGETOP

資料請求はこちら request来場予約はこちら request

PAGE TOPへ
tel 現地案内図 資料請求・見学ご予約