ページトップ

岩本町の魅力

新しく生まれ変わる、東京駅周辺。多くの大規模再開発が進行中。

岩本町の魅力
岩本町の魅力

大手町ホトリア

「お堀のほとりに豊かな空間を」という意味を込めて名付けられた「大手町ホトリア」。三菱地所が開発する「大手町パークビルディング」には、多様な働き方をサポートするオフィスフロアが整備され、大手町初の住機能であるサービスアパートメント「アスコット丸ノ内東京」が2017年3月に開業。街区内の「JXビル・大手門タワー」とともに、皇居の自然と調和した約3,000m²の緑豊かなコミュニティ広場や、「粋と情が溢れる、オトナの遊び場」をコンセプトとした商業ゾーン「ホトリアShops &Restaurants∼よいまち∼」が誕生しています。

2017年1月竣工済み

常盤橋街区再開発プロジェクト

東京駅周辺で最大となる敷地面積3.1haに及ぶ大規模複合再開発。10年超の事業期間をかけて段階的に4棟のビル開発が進められています。その中でも、東京の新たなランドマークになる高さ約390mの超高層タワーは、完成すれば、現在日本一の高さである「あべのハルカス(約300m)」を抜き、日本一の高いタワーとなります。また、東京駅前の新たな顔となる約7,000m²の大規模広場等を整備して、多彩な賑わいと交流を創出するグローバルな拠点づくりをめざしています。

2027年度竣工予定
大手町ホトリア

「お堀のほとりに豊かな空間を」という意味を込めて名付けられた「大手町ホトリア」。三菱地所が開発する「大手町パークビルディング」には、多様な働き方をサポートするオフィスフロアが整備され、大手町初の住機能であるサービスアパートメント「アスコット丸の内東京」が開業予定。街区内の「JXビル・大手門タワー」

2017年1月竣工済み 常盤橋街区再開発プロジェクト

東京駅周辺で最大となる敷地面積3.1haに及ぶ大規模複合再開発。10年超の事業期間をかけて段階的に4棟のビル開発が進められています。その中でも、東京の新たなランドマークになる高さ約390mの超高層タワーは、完成すれば、現在日本一の高さである「あべのハルカス(約300m)」を抜き、日本一の高いタワーとなります。また、東京駅前の新たな顔となる約7,000m²の大規模広場等を整備して、多彩な賑わいと交流を創出するグローバルな拠点づくりをめざしています。

2027年度竣工予定

日本橋室町三丁目地区 第一種市街地再開発事業

2019年3月竣工予定

(仮称)OH-1企画

2020年2月竣工予定

東京駅八重洲一丁目東地区 第一種市街地再開発事業

この再開発はA街区とB街区からなり、八重洲通り側のA街区には、地上11階地下3階建て、延べ床面積約12,000m²、オフィスと店舗を主な用途とした建物が建設予定。B街区には、地上54階地下4階建て、延べ床面積約228,000m²の複合ビルが建設予定。オフィス、店舗、カンファレンスセンター、医療施設のほか、地下に約5,000m²のバスターナルを整備する予定となっています。

2024年度竣工予定

日本橋室町三丁目地区 第一種市街地再開発事業

2019年3月竣工予定

(仮称)OH-1企画

2020年2月竣工予定

東京駅八重洲一丁目東地区 第一種市街地再開発事業

2024年度竣工予定

京橋一丁目東地区

開発区域周辺には美術館、都内有数のギャラリー、古美術商等が多数集積。この立地を生かし、誰もが気軽に芸術・文化を体感できる「美術館・展示施設」、若手芸術家の創作活動を支援する「創作・交流施設」などを有した開発が進められています。

2023年度竣工予定

日本橋二丁目地区 第一種市街地再開発事業

2018年度竣工予定

京橋一丁目東地区

開発区域周辺には美術館、都内有数のギャラリー、古美術商等が多数集積。この立地を生かし、誰もが気軽に芸術・文化を体感できる「美術館・展示施設」、若手芸術家の創作活動を支援する「創作・交流施設」などを有した開発が進められています。

2023年度竣工予定

日本橋二丁目地区 第一種市街地再開発事業

2018年度竣工予定
B1type
Dtype
Ftype
Gtype