新築・分譲マンション「公式」ライオンズ嵯峨天龍寺若宮 東の邸・西の邸のランドスケープ・デザイン|京都市右京区「嵯峨嵐山」駅徒歩3分

  • 現地案内図
MYリスト
外観完成予想図外観完成予想図

ランドスケープ・デザイン

ランドスケープ・デザイン

外観完成予想図

四季のある京都嵯峨にふさわしい緑豊かなランドスケープと
時とともに趣や味わいを増すようなデザイン 四季のある京都嵯峨にふさわしい
緑豊かなランドスケープと
時とともに趣や
味わいを増すようなデザイン

季節を謳い、野鳥を誘う庭苑と暮らす優雅な日常。 季節を謳い、野鳥を誘う庭苑と暮らす優雅な日常。

東の邸と西の邸の間に計画した提供公園の緑、内へと誘うエントランス周囲の緑、
そして街を彩る外周の緑によって、四季のある京都嵯峨にふさわしい緑豊かなランドスケープを実現しました。
また敷地内の随所に自然の情景を詠った「百人一首」と暮らす優雅な日常の要素をもりこみました。

各名称、数字・アルファベットにカーソルを合わせると詳細が表示されます。 ※タブレットの場合は、タップさせると詳細が表示されます。

敷地配置図完成予想図
1 春はしだれ桜が出迎え、丸太町通の新たな景観となるやすらぎのエントランス(西の邸)
2 十二単をイメージした平安の色彩が優雅に迎えるコンシェルジュロビー(西の邸)
3 桂川に架かる渡月橋や緑豊かな山並みをモチーフにした嵐山の庭(西の邸)
4 嵐山の庭にしっとりと癒されるラウンジ(西の邸)
8 嵐山を象徴する川の情景をデザインした渡月の苑(西の邸)
9 1階住戸は専用庭付き、独立性、開放性の高い3棟構成(西の邸)
9 1階住戸は専用庭付き、独立性、開放性の高い3棟構成(西の邸)
9 1階住戸は専用庭付き、独立性、開放性の高い3棟構成(西の邸)
9 1階住戸は専用庭付き、独立性、開放性の高い3棟構成(西の邸)
9 1階住戸は専用庭付き、独立性、開放性の高い3棟構成(西の邸)
7 ベンチや遊具を設置した憩いの場となる提供公園
5 緑の潤いを借景にした風情あるラウンジ(東の邸)
6 静寂の時に満たされた上質感漂うゲストルーム(東の邸)
10 1階住戸は専用庭付き、陽光が心地よい南向き中心(東の邸)
A エントランスアプローチ(西の邸)/桜の一首 ひさかたの光のどけき春の日にしづ心なく花の散るらむ 紀友則 (きのとものり)
B エントランスアプローチ(東の邸)/紅葉の一首 小倉山峰の紅葉葉心あらばいまひとたびのみゆき待たなむ 貞信公 (ていしんこう)
C 嵐山の庭(西の邸)/菊の一首 心あてに折らばや折らむ初霜の置きまどはせる白菊の花 凡河内躬恒 (おおしこうちのみつね)
D ラウンジ(東の邸)/月の一首 秋風にたなびく雲のたえ間より漏れ出づる月の影のさやけさ 左京大夫顕輔 (さきょうのだいぶあきすけ)
E 渡月の苑(西の邸)/川の一首 瀬をはやみ岩にせかるる滝川のわれても末に逢はむとぞ思ふ 崇徳院 (すとくいん)
F 沿道(東の邸・西の邸)/まきの一首 村雨の露もまだ干ぬまきの葉に霧立ちのぼる秋の夕暮 寂蓮法師 (じゃくれんほうし)
F 沿道(東の邸・西の邸)/まきの一首 村雨の露もまだ干ぬまきの葉に霧立ちのぼる秋の夕暮 寂蓮法師 (じゃくれんほうし)
F 沿道(東の邸・西の邸)/まきの一首 村雨の露もまだ干ぬまきの葉に霧立ちのぼる秋の夕暮 寂蓮法師 (じゃくれんほうし)
敷地配置図完成予想図
1.エントランス(西の邸)完成予想図 2.コンシェルジュロビー(西の邸)完成予想図 3.4.ラウンジ(西の邸)完成予想図 5.ラウンジ(東の邸)完成予想図 6.ゲストルーム(東の邸)完成予想図 A.B.C.D.E.F.全てimage photo
敷地配置図完成予想図
1.エントランス(西の邸)完成予想図 2.コンシェルジュロビー(西の邸)完成予想図 3.4.ラウンジ(西の邸)完成予想図 5.ラウンジ(東の邸)完成予想図 6.ゲストルーム(東の邸)完成予想図 A.B.C.D.E.F.全てimage photo
エントランスアプローチ(西の邸)/桜の一首 ひさかたの光のどけき春の日にしづ心なく花の散るらむ 紀友則 (きのとものり)エントランスアプローチ(東の邸)/紅葉の一首 小倉山峰の紅葉葉心あらばいまひとたびのみゆき待たなむ 貞信公 (ていしんこう)嵐山の庭(西の邸)/菊の一首 心あてに折らばや折らむ初霜の置きまどはせる白菊の花 凡河内躬恒 (おおしこうちのみつね)ラウンジ(東の邸)/月の一首 秋風にたなびく雲のたえ間より漏れ出づる月の影のさやけさ 左京大夫顕輔 (さきょうのだいぶあきすけ)渡月の苑(西の邸)/川の一首 瀬をはやみ岩にせかるる滝川のわれても末に逢はむとぞ思ふ 崇徳院 (すとくいん)沿道(東の邸・西の邸)/まきの一首 村雨の露もまだ干ぬまきの葉に霧立ちのぼる秋の夕暮 寂蓮法師 (じゃくれんほうし)春はしだれ桜が出迎え、丸太町通の新たな景観となるやすらぎのエントランス(西の邸)十二単をイメージした平安の色彩が優雅に迎えるコンシェルジュロビー(西の邸)桂川に架かる渡月橋や緑豊かな山並みをモチーフにした嵐山の庭(西の邸)嵐山の庭にしっとりと癒されるラウンジ(西の邸)嵐山を象徴する川の情景をデザインした渡月の苑(西の邸)1階住戸は専用庭付き、独立性、開放性の高い3棟構成(西の邸)ベンチや遊具を設置した憩いの場となる提供公園緑の潤いを借景にした風情あるラウンジ(東の邸)静寂の時に満たされた上質感漂うゲストルーム(東の邸)1階住戸は専用庭付き、陽光が心地よい南向き中心(東の邸)

嵯峨嵐山の自然、桂川の流れを再現した嵐山の庭 嵯峨嵐山の自然、桂川の流れを再現した嵐山の庭

ガラスウォール越しに望む嵐山の庭は、花崗岩や玉砂利を段状に重ねながら流麗な水の流れを描きました。背後にはセキショウ、トクサ、ハクビャクシンなどの地被植物をはじめ、可憐な花を咲かせるノギク、ツワブキ、ミツバツツジをバランスよく植樹。イロハモミジ、カエデのシンボルツリーがしっとりとした風情をより一層際立たせています。

イロハモミジ

カエデ

ミツバツツジ

トクサ

ノギク

ハクピャクシン

※植栽は計画段階のものであり、変更される場合があります。また、写真は全て参考写真です。

吟味を重ねた確かな素材を纏った、風格のデザイン。 吟味を重ねた確かな素材を纏った、風格のデザイン。

外観完成予想図 外観完成予想図

外観完成予想図

外壁には深い目地を刻む45四丁掛山形タイルや45二丁掛タイルを採用。濃淡や素材感の違うタイルを貼り分けることで、陰翳のある豊かな表情を描きました。
また、外構には褐色のグラデーションが美しく、茶庭との相性が良いことで知られる丹波石を採用。深い味わいを纏った壮麗な佇まいは、どこから見ても美しい街の新たな象徴となります。

外壁タイル

エントランス石材

コンシェルジュロビー壁面

※天然素材については、個々に色調、質感等が異なります。

春はしだれ桜が出迎え、
丸太町通の新たな景観となるやすらぎのエントランス(西の邸) 春はしだれ桜が出迎え、 丸太町通の新たな景観となるやすらぎのエントランス(西の邸)

エントランス(西の邸)完成予想図

エントランス(西の邸)完成予想図

十二単をイメージした平安の色彩が優雅に迎える
コンシェルジュロビー(西の邸) 十二単をイメージした平安の色彩が優雅に迎える コンシェルジュロビー(西の邸)

コンシェルジュロビー(西の邸)完成予想図

コンシェルジュロビー(西の邸)完成予想図

迎賓の間となるラウンジ(西の邸)を彩るのは、
桂川に架かる渡月橋や緑豊かな山並みをモチーフにした嵐山の庭(西の邸)。 迎賓の間となるラウンジ(西の邸)を彩るのは、 桂川に架かる渡月橋や緑豊かな山並みをモチーフにした嵐山の庭(西の邸)

ラウンジ(西の邸)完成予想図

ラウンジ(西の邸)完成予想図

静寂の時に満たされた上質感漂うゲストルーム(東の邸)。 静寂の時に満たされた上質感漂うゲストルーム(東の邸)

ゲストルーム(東の邸)完成予想図

ゲストルーム(東の邸)完成予想図

緑の潤いを借景にした風情あるラウンジ(東の邸) 緑の潤いを借景にした風情あるラウンジ(東の邸)

ラウンジ(東の邸)完成予想図

ラウンジ(東の邸)完成予想図

※完成予想図は図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。
※完成予想図中の植栽は、ある程度成長した状態の予想図です。また特定の季節や建物完成時の状態を想定して描かれたものではありません。
※葉や花の色合い、樹形等はイメージであり、実際のものとは異なります。また、植栽計画は変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
※周辺の道路・建物・電柱等は省略・簡略化しております。方位記号は若干誤差があります。
※共用部分の設置家具の内容・色等は変更になる場合があります。共用部分の使用条件・使用料等は管理規約によります。
※専用庭(東の邸・西の邸)には別途専用使用料がかかります。
※掲載の絵図・写真・間取り図などの無断転載を禁じます。

かんたん 来場予約
お問い合わせ・資料のご請求・ご来場のご予約は「ライオンズ嵯峨天龍寺若宮 東の邸・西の邸」マンションギャラリーへ お問い合わせ・資料のご請求・ご来場のご予約は「ライオンズ嵯峨天龍寺若宮 東の邸・西の邸」マンションギャラリーへ
0120136122 0120136122

営業時間平日/11:00AM~5:00PM 土日祝/10:00AM~5:00PM 定休日火・水・第2木曜日(祝日を除く) 携帯電話・PHSからもご利用いただけます営業時間平日/11:00AM~5:00PM 土日祝/10:00AM~5:00PM 定休日火・水・第2木曜日(祝日を除く) 携帯電話・PHSからもご利用いただけます

0758650606 0758650606
PAGE TOPへ
TEL 現地案内図

PAGE TOP