新築・分譲マンション「公式」ライオンズ伏見桃山 指月城の意匠(外観)|京都市伏見区「伏見桃山」駅徒歩10分・「桃山御陵前」駅徒歩9分

MYリスト MENU
北西側外観

太閤秀吉が愛でし地、幻の指月城跡地に蘇える現代の居城。太閤秀吉が愛でし地、幻の指月城跡地に蘇える現代の居城。

この地との出逢いがもたらした、居城を物語る造形美。「ライオンズ伏見桃山 指月城」は、太閤秀吉が遺した指月城の風儀を受け継ぎ、時を経てなお趣きを深くする佇まいを創出しました。それは、華美になることなく主となる方の威厳と誇りを映す、邸宅としての存在感。静穏な住宅街に調和しながら、時代に左右されない普遍のデザイン。現代の居城を冠するに相応しく、この地の象徴となる邸として結実します。この地との出逢いがもたらした、居城を物語る造形美。「ライオンズ伏見桃山 指月城」は、太閤秀吉が遺した指月城の風儀を受け継ぎ、時を経てなお趣きを深くする佇まいを創出しました。それは、華美になることなく主となる方の威厳と誇りを映す、邸宅としての存在感。静穏な住宅街に調和しながら、時代に左右されない普遍のデザイン。現代の居城を冠するに相応しく、この地の象徴となる邸として結実します。
  • 時の記憶を綴る、指月城の石垣の面影。
  • ゆかしく薫り風格を描く、楼閣の佇まい
  • 伝統と革新が織りなす、豊かな表情
  • 「城門」としての構えを意匠とする。
  • 4路線4駅、駅徒歩5分の静寂。秀吉幻の名城「指月城」跡地の優越。
  • 4路線4駅、駅徒歩5分の静寂。秀吉幻の名城「指月城」跡地の優越。

幻と言われた名城の風格を現代に受け継ぐ。幻と言われた名城の風格を現代に受け継ぐ。

太閤となった豊臣秀吉が、終の棲家と定めたその威風と典雅な居城を、現代にレジデンスとして蘇らせるために、往時の面影や史跡そのものを伝え遺しています。実際の発掘跡から採取した土を使った「左官壁」や移築保存した「石垣」、さらに「太閤千代しだれ桜」など、この地に築かれた名城の息吹を随所に取り入れています。太閤となった豊臣秀吉が、終の棲家と定めたその威風と典雅な居城を、現代にレジデンスとして蘇らせるために、往時の面影や史跡そのものを伝え遺しています。実際の発掘跡から採取した土を使った「左官壁」や移築保存した「石垣」、さらに「太閤千代しだれ桜」など、この地に築かれた名城の息吹を随所に取り入れています。

古山 明義 / AKIYOSHI FURUYAMA指月城石垣

古山 明義 / AKIYOSHI FURUYAMA 1998年株式会社日建ハウジングシステムに入社。以来、集住施設の設計に携わる。渡鹿社宅で第23回くまもと景観賞を受賞。ライオンズスクエア用賀、ライオンズヴィアーレ横濱ベイ壱番館、ライオンズ新神戸山の手レジデンス等、数々のライオンズマンションの設計も担当。

指月城石垣

城跡の土を蘇らせる平成の名工。城跡の土を蘇らせる平成の名工。

久住 有生 / NAOKI KUSUMI太閤千代しだれ桜

久住 有生 / NAOKI KUSUMI 三代続く左官の家に生まれ、幼少の頃より鏝(こて)を握る。18歳で親元を離れ、各地で修行し、23歳で久住有生左官設立。ドイツ、フランス、日本(京都)などで左官技術を磨き、歴史的建造物の修復の仕事にも携わる。商業施設や教育関連施設、個人邸の内装や外装を手がけることも多く、伝統的な左官技術とオリジナティ溢れるアイデアが、国内外での大きな評価につながっている。

太閤千代しだれ桜
※掲載の外観完成予想図は図面を基に描き起こしたもので、実際とは多少異なります。なお、周囲の建物等は省略してあります。
※外観完成予想図中の敷地内の植栽は、ある程度成長した状態の予想図です。また特定の季節や建物完成時の状態を想定して描かれたものではありません。
※外観完成予想図は同一建物の各方向からの立面を描いた外観完成予想図を並列したもので、実際にこのように並列して見えるものではありません。
※掲載の絵図・写真・間取り図などの無断転載を禁じます。
秀吉幻の名城「指月城」
資料請求・ご来場予約はこちら
共用
  • 資料請求・見学ご予約
  • イベント予約
  • 現地案内図
PAGE TOPへ
tel 現地案内図 資料請求・見学予約