• トップ / TOP
  • コンセプト/CONCEPT
  • ロケーション/LOCATION
  • アクセス/ACCESS
  • デザイン/DESIGN
  • 間取り/PLAN
  • クオリティ/QUALITY
  • モデルルーム/MODELROOM
  • ライオンズブランド/BRAND
  • サポート/SUPPORT

DESIGN 岐阜の「銘邸」を住む

外観完成予想図
市中山居

NIKKEN株式日建スペースデザイン

かつて織田信長公は、岐阜の山紫水明な自然風景を基盤に、
山頂に城、麓には庭園や居館と、金華山を立体的に使い、山水画を具現化したかのような大規模な山麓居館を築いた。

文化人・信長公の美意識が創出したその世界は、プライベートな邸宅であり、饗応の舞台でもあった。

岐阜に受け継がれる「おもてなしの精神、その原点」である。

<ライオンズ岐阜マークスフォート>もまた、その思想に感銘を受け、
お住まいになられる方々を、手厚くおもてなしする、という心構えで企画設計に取り組みました。

創造したのは、まちなかの玄関口にありながら、門を潜ると岐阜の美意識が息づく、静寂の別世界。

この邸にあるのは、都心を生きながら、心は深山幽谷を住む「市中山居」の思想。

それは、古来より都市に生きる者の理想とされた住まい方。

静かに個に還り、山紫水明を見晴らす、知と美を磨く文化人へ贈る52邸。

この地、この邸でなければ語れない歓びを内包した、一期一会のレジデンスです。

※この絵図は図面を基に描き起こしたもので、実際とは多少異なります。なお、周囲の建物等は省略してあります。 ※完成予想図中の植栽は、ある程度成長した状態の予想図です。また特定の季節や建物完成時の状態を想定して描かれたものではありません。 ※完成予想図および周辺環境の植栽や樹木の絵図は、異なる季節のものを同時に表現しています。

エントランス完成予想図

静けさに秘めた、
おもてなしの心。

黒色の花崗岩で大きな門を象ったエントランス。

街の喧噪を断ち切る結界のような荘厳さを放つ、
その高さは約6m。

露地を思わせるアプローチに誘われ、歩を進めると、
光りの列柱が印象的なエントランスホール。

その奥には、侘び数奇の趣を感じるラウンジ。

すべては、住まう方を心地よくお迎えするために熟考を重ねた、おもてなしの設えです。

エントランス外壁フレーム:「ブラウンアンティーク」と呼ばれる美しい花崗岩。

参考写真

参考写真

アプローチ壁:露地のような趣を演出する
「ボーダータイル」

参考写真

参考写真

※この絵図は図面を基に描き起こしたもので、実際とは多少異なります。なお、周囲の建物等は省略してあります。

※完成予想図中の植栽は、ある程度成長した状態の予想図です。また特定の季節や建物完成時の状態を想定して描かれたものではありません。

※完成予想図および周辺環境の植栽や樹木の絵図は、異なる季節のものを同時に表現しています。

※天然素材については、個々に色調、質感等が異なります。※参考写真については、実際のものとは多少異なります。

お問い合わせ・資料のご請求は「ライオンズ岐阜マークスフォート」マンションギャラリーへ

0120-907011

0120-907011

■ 営業時間:10:00AM〜6:00PM

■ 定休日:火・水・第2木曜日(祝日を除く)

■ 携帯電話・PHSからもご利用いただけます

■一部IP電話からはご利用になれません。

ご利用になれないお客さまは下記へご連絡ください。

[058-267-5537]

PAGE TOPへ
tel 現地案内図 資料請求・見学予約