ライオンズ文京茗荷谷

Quality

ECOLOGY
家族と地球にどこまでも優しくありたい。
〜マンション向けエネファーム採用〜

ガスで発電し、そこで生まれた熱でお湯をつくる「エネファーム」。ガスや電気を効率よく使え、CO2排出量を削減でき、環境にもやさしい次
世代のクリーンエネルギーシステム。トータルの光熱費も抑えられ、エコロジーでエコノミーな暮らしを実現します。

ene.farm

エネファームは、都市ガスで電気とお湯をつくるシステムです。

  • 都市ガスから水素を取り出し、空気中の酸素と化学反応させて発電します。
  • 発電時に生まれる熱を回収して、給湯に利用します
  • 貯湯タンクが湯切れの際は、バックアップ熱源機を稼働。暖房端末にも使用します。
エネファームは、都市ガスで電気とお湯をつくるシステムです。

電気代を抑えて、しっかり節電。※1

エネファームがガスで発電した分、電力会社から購入する電力量を減らすことができます。一方、ガスの使用量は増えますが、おトクなガス料金メニューがあります。

光熱費削減効果(イメージ)
Point 1

ガスを使って発電するので、電気の購入量が減り、
電気料金が節約できます。

Point 2

ガスを使って発電するので、ガスの使用量は増えますが、
おトクなガス料金メニュー
「発電エコぷらん※2をご利用いただけます。

光熱費がトータルで軽減されます。

※1.ここでいう節電とはガスで発電することで購入電力量を抑えることを意味します。 ※2.「発電エコぷらん」にはお申し込みが必要です。

エネファーム試算条件:従来給湯器との比較、家族3人、80㎥集合住宅(RC構造)の東京ガス試算例。年間負荷は、給湯14.8GJ、風呂保温1.1GJ、床暖房9.0GJ、エアコン暖房3.9GJ、冷房4.5GJ、厨房1.8GJ、
照明他9.5GJ。電力需要は、ガス・電気併用住宅(従来システム使用)の年間電気消費量3,194kwh(ガス給湯暖房機の消費電力を含む)。ガス料金は家庭用燃料電池契約床暖割(東京地区等)、
電気料金は東京電力の従量電灯B契約の平成27年9月時点の平均原料価格に基づく、基本料金・税込金額。一次エネルギー換算値は、電気昼間9.97MJ/kwh・夜間9.28MJ/kwh(エネルギーの使用の合理化に関する法律)、ガス45MJ(東京ガスデータ)。ただし、機器運転状況やエネルギーの使用量によりおトク額は異なります。

大幅なCO2削減効果により、地球環境に大きく貢献!

さまざまな省エネ行動における、一年間のCO2削減効果

■一年間のCO2削減効果比較

※1.●ガソリン車のCO2排出量を2.32kg-CO2/ℓ(環境省「算定・報告・公表制度における算定方法排出係数一覧」平成26年1月時点データより)
●燃費:ハイブリッド車30km/ℓ、ガソリン車15km/ℓとして東京ガス試算。(国土交通省「自動車燃費一覧」平成26年3月時点データより)
CO2排出係数は、電気0.69kgCO2/kwh(「中央環境審議会地球環境部目標達成シナリオ委員会中間取りまとめ」平成13年7月より)、ガス2.29kgCO2/㎥(東京ガスデータ)

※2.水温15°C、湯温40°C、シャワー湯量12ℓ/分の場合。1日1回×365日として算出。

どれだけエコになったか、リモコンを毎日見るのが楽しみになります。

エネルギーは、そもそも目には見えにくいもの。それを「見える化」したのが、エネファームのエネルックリモコンです。
ご家族が自然とエネルギーの使い方を考えるようになります。

見やすいカラー大画面に、発電量や使用電力量などを表示。

台所リモコン 基本画面(イメージ)(浴室リモコンでも同じ画面が確認できます。)

※画像はイメージです。ご使用のご家庭ごとに数値等は異なります。

掲載の絵図・写真・間取り図などの無断転載を禁じます。

PAGE TOPへ